格安航空券比較~「航空券ドットネット」ロリポップのドメインは選べる全105種類!!旅行のクチコミサイト フォートラベル

INAC神戸が“勝てない”監督を選んだ理由

09
04月
2014

(写真:練習後に高瀬選手と話をする前田監督■男子サッカー関係者も驚いた後任人事常勝軍団のINAC神戸。昨年は、リーグ戦3連覇、カップ戦、皇后杯、モブキャスト杯を制し、史上初の4冠を達成した。優勝の立役者でもあった石原監督に、INACは留任を要請したが、本人は「次のステップに行きたい」と、アメリカリーグでの指導を希望。勇退という形で、sky Blue FCのコーチに就任した。 Read more →

【コラム】「パラグアイで戦う若者たち」 定國智之・交久瀬直人・山中敦史 Part2

03
04月
2014

写真:左から山中・交久瀬・定國)ブラジル・アルゼンチン・ウルグアイに次ぐ、南米のサッカー古豪国であるパラグアイ。近年では、2010年のFIFAワールドカップ南アフリカ大会で、日本代表初のベスト8進出を阻んだ国として、記憶しているサッカーファンも多いのではないか。しかし、欧州と違い情報収集が難しい南米各国のサッカー情報の中でも、パラグアイのサッカー事情を耳にする機会は少ない。そんなパラグアイ2部リーグで、サッカー留学生として奮闘する3人の若者がいる。熱帯気候の属するパラグアイの中で、比較的過ごしやすい気温が特徴な4月中旬。彼らに会うために「聖母の被昇天」という名前に由来する、首都アスンシオンを訪ねた。 Read more →

【コラム】「パラグアイで戦う若者たち」 定國智之・交久瀬直人・山中敦史 Part1

27
03月
2014

(写真:スポルト・コロンビア)ブラジル・アルゼンチン・ウルグアイに次ぐ、南米のサッカー古豪国であるパラグアイ。近年では、2010年のFIFAワールドカップ南アフリカ大会で、日本代表初のベスト8進出を阻んだ国として、記憶しているサッカーファンも多いのではないか。しかし、欧州と違い情報収集が難しい南米各国のサッカー情報の中でも、パラグアイのサッカー事情を耳にする機会は少ない。そんなパラグアイ2部リーグで、サッカー留学生として奮闘する3人の若者がいる。熱帯気候の属するパラグアイの中で、比較的過ごしやすい気温が特徴な4月中旬。彼らに会うために「聖母の被昇天」という名前に由来する、首都アスンシオンを訪ねた。 Read more →

【コラム】「ボカ・ジュニアーズの小さな案内人」太田ミハエル

13
03月
2014

写真:ボンボネーラの太田ミハエル)南米有数の名門チームであるボカ・ジュニアーズのホームスタジアム「ボンボネーラ」で働く17歳の日本人がいる。東京都で生まれ、日本人の父とペルー人の母を持つ太田ミハエルは、中学卒業を待たずして1人アルゼンチンへ渡った。もちろん当時15歳の少年には、アルゼンチンでの就職先のあても、現地の知り合いも皆無であった。 Read more →

【コラム】京都バドゥ新監督が目指すサッカーに潜む危険

17
02月
2014

写真:京都サンガvs鹿児島ユナイテッド)J2京都サンガFCは、キャンプ地鹿児島県国分運動公園で2月14日と15日に練習試合を行った。14日はJFLの鹿児島ユナイテッドと、15日は韓国KリーグのFCソウルとそれぞれ対戦している。2014年シーズンから京都は、バドゥ新監督が指揮を執る。新指揮官が目指す『攻撃サッカー』には、危険が伴っていた。 Read more →

【コラム】W杯初出場を決めたボスニア・ヘルツェゴビナとあるセルビア人の1日

22
01月
2014

( 写真提供・セルヒオ・カシチェビッチ2013年10月15日は、ボスニア人だけでなく、セルビア人にとっても忘れられない1日となった。ユーゴスラビアからの独立宣言から21年。“旧ユーゴ圏で最も帰属意識が薄い国”と評された、クロアチア人、セルビア人、ボスニア人の3民族から形成される連邦国家ボスニア・ヘルツェゴビナは、ヴェダド・イビシェビッチのゴールで敵地でリトアニアを1対0で下し、独立後初となるFIFAブラジルワールドカップ本大会への出場を決めた。 Read more →

【コラム】特別指定制度は個人の成長の裏に大きな代償が

02
12月
2013

写真:阪南大学イレブン)日本サッカー協会がユース世代のサッカー選手に対して、所属クラブ・連盟の枠を超えて高いレベルでのプレー機会を与える特別指定選手制度。昨年の関西学生サッカーリーグ覇者・阪南大学はこの制度に今シーズン苦しまされた。 Read more →

【コラム】鳥取と京産大2チームの残留争いの渦中にいる安藤由翔

08
11月
2013

写真:京都産業大学MF安藤由翔)11月2日にキンチョウスタジアムで行われた、関西学生サッカーリーグ後期第7節関西大学vs京都産業大学の試合終了後、京産大MF安藤由翔に現在の心境について話を聞くと、「ガイナーレ鳥取の試合結果はしっかりとチェックしています。いろんな可能性があるので」と声小さく返ってきた。現在安藤は、2チームの残留を気にかけなければならない状況に追い込まれている。 Read more →

日本人初!!レアル・マドリード下部組織入団の中井卓大を支えた者達

10
10月
2013

(写真:株式会社イープラスユー提供)2013年9月28日。赤坂に拠点を置く、株式会社イープラスユーから歓喜の声が上がった。『中井卓大(9歳)が、レアル・マドリードのカンテラ(アルビンB)への入団テストに合格』という吉報がスペインから届いた。「レアルのカンテラに日本人選手の入団させたい」という想いで事業スタートから2年。社員全員が、この瞬間を待ちわびていた。110年を超える歴史を持つレアルが誇る専用練習場「バルデベバス」に”日本人選手”として初めて足を踏み入れるまで、あと数日に迫った。 Read more →