高原直泰氏率いる沖縄SVは予期せぬ結果に!?今最も熱い沖縄県リーグが開幕!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

15
04月
2016

平安山氏提供

去った4月10日、沖縄県リーグ1部〜3部、各カテゴリーの開幕戦が行われた。
創設1年目でいまだ3部ながら、元日本代表FW高原直泰氏が選手・監督・代表と一人三役を務める沖縄SVが参加する事もあり、例年以上に沖縄県リーグへの全国的な注目が高まっている。

その記念すべきクラブ創設初試合の相手は嘉手納クラブだったものの、試合は雷雨のため中止という予期せぬ事態に。

楽しみはお預けとなる形になってしまったものの、今後も要注目。
FC琉球が6連覇している天皇杯沖縄予選も例年より盛り上がりを見せる事でしょう。

県1部は、昨年まで九州リーグを闘ったFC那覇が優勝候補筆頭と見られている。数人の選手の入れ替わりはあったものの、今年も技術の高さを活かした美しいポゼッションサッカーは見る者を魅了する。開幕戦では県2部から昇格してきたcasaと対戦。14番の上間博志選手のゴールにより1−0で試合を制した。

その他の試合結果はこちら。

第45回OTV杯争奪沖縄県サッカーリーグ 第1節

4月10日(日)
★1部
FC那覇 1−0 Casa okinawa
FCあまわり 4−2 港川キッカーズ
シエスタ読谷 2−2 与勝クラブ
沖国大 6−3 FCファースト

★2部西
FCヤンバル 4−1 島尻SC
琉大OB   3−1 FC金武
名護スポーツ 3−1 糸満SC
沖縄電力  3−3 みどりキッカーズ

★3部北
沖縄SV   雨天中止  嘉手納クラブ

◯沖縄SV
Facebook
https://www.facebook.com/okinawasv2015/

Twitter
https://mobile.twitter.com/okinawasv151225

◯FC那覇
Facebook
https://www.facebook.com/FcNaha/

〜筆者プロフィール〜
平安山良太 (へんざん りょうた)
【サッカー監督歴・国内編】
沖縄県出身 大宮中→向陽高→中京大
小学生よりサッカーを始めるが、ケガにより早期挫折。高校時代より指導者の道へ。中京大学の全国準優勝や名古屋グランパスU12でのアシスタントコーチ経験などを含め、幼稚園~大学生まで幅広く指導者として関わった。

【サッカー監督歴・海外編】
東南アジアのカンボジアンタイガーFCの前身やラオス代表で研修の後、ブラジルへ渡る。ブラジル一部リーグのアトレチコ・パラナエンセ→SCコリンチャンス→Avai FCの下部組織にてアシスタントコーチを歴任。
サッカーライター、代理人、Jクラブ通訳等も広く行っている。アルゼンチンのリーベルプレートやペルーのアリアンサ・リマで研修生の経験も。

公式Twitter
https://mobile.twitter.com/henzanryota

公式Instagram
https://www.instagram.com/ryotahenzan/


関連記事

「コラム」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2016/04/15 15:02