【インタビュー】元神戸、札幌など・現FC大阪 松尾直人選手2(全4回)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

16
04月
2012

FC大阪 松尾直人「経験を積むと、落ち着いてプレイすることができた」

なう:松尾選手はJリーグで145試合に出場されていますが、その中で印象に残った試合はありますか?

 

松尾:やはり一番最初のデビューした時です。入って1年目だったんですが、開幕戦の途中から出た試合が一番印象に残っています。

 

なう:今までずっと試合を経験されていて、試合でのご自身の出来として満足できた部分とできなかった部分を比べると、どちらの割合が多かったですか?

 

松尾:半分半分ですかね。若い時は満足いくようなプレイというか、ちゃんとプレイできなかったり、チームが常に残留争いをしていてチームが勝てない状況が若い時は多かったです。

 

なう:チームの状況がご自身のプレイに影響してしまうということですね。

 

松尾:そうですね。結局それが全体の力となってまたチームの順位に影響してくると思います。歳を取って比較的経験を積んでくると、落ち着いてプレイすることができました。

 

 

「個々の能力とか足元の技術レベルはJリーグとはそんなに変わらない」

なう:松尾選手のJリーグでの経験が周りの選手に良い影響を与えているとさきほど広報の方から聞きまして、若手の選手が中心のチームでご自身の経験を伝えられていますか?

 

松尾:僕も口数が多い方ではないですし、また相手がどう思っているのか気になったりもするのであまり言わないようにしています。よっぽど気づいたことは言うようにしています。

 

なう:例えば練習やゲームの中でどういった所が気になったりしますか?

 

松尾:それを言い出したら細かいことが多いので難しいですけど、試合の時に気づいた時に言ってあげたりしています。

 

なう:今までJリーグでプレイされていた松尾選手から見てFC大阪というチーム、関西リーグの力の差はどういったところに感じられますか?

 

松尾:何もかも違うと言えば何もかも違うんですが、技術的なところはそれほど変わらないと思います。ただ、それが試合になった時にどれだけの精度でプレイできるかとか、Jリーグならここでこんなミスはあまりはないだろうなというところでミスがあったりというのはあります。個々の能力とか足元の技術レベルはJリーグとはそんなに変わらないのかなと思います。

 

なう:以前、森岡監督にお話を伺った際に個々の技術に関しては問題ないが、やはり場面、場面での選択肢の選び方がよくないことがあるとおっしゃっていました。そういったところを同じように感じられていますか?

 

松尾:そうですね。若い選手も多いので状況判断がJリーグとは違うところかなと思います。ただ、そこは成長していく部分なので、これからが楽しみです。

 

 

|2|

関連記事

「インタビュー」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2012/04/16 16:02