【特集】ペルーリーグ奮闘記。平識善昭の挑戦。~契約満了から挫折、復活まで~情熱物語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

16
12月
2015

平識選手

伊勢崎商業高校を卒業してペルーに渡った平識善昭。首都リマのウニベルシタリオの下部組織からスタートしたペルーでのサッカー生活。リマの王者を決める大会の決勝戦で直接FKの決勝点あげるなどの成績を残した平識は、その活躍を評価されトップチームに呼ばれた。しかしその後チームからは契約満了が発表され、ペルーで挫折を味わった。今回は平識の契約満了から挫折、復活までの話を紹介する。インタビューアーはブラジル、コリンチャンスなどで指導者の経験を持つ平安山良太が務める。
~契約満了から挫折、復活まで~

平安山 :ウニベルシタリオでは契約満了という事になりました。平識さんのペルー挑戦記を今回取材したいと思ったのは、この挫折から這い上がったエピソードが面白いからです。

平識 :ウニベルシタリオと契約満了してから、本当に落ち込みました。正直、しんどかったです。心配して日本から連絡くれた家族や友達の事も無視していましたし、ボールも全然蹴る気になりませんでした。毎日暴飲暴食、不規則な生活になっていましたね・・だいたい1ヶ月くらい・・もう”俺の人生終わった”みたいな感じでした。その時はリマの日本人がよく集まるゲストハウスに住んでたんですけど、そこで出会った7人の旅人が僕の人生を変えてくれました。

平安山 :具体的には何をしてくれたのでしょう?

平識 :それまで僕は人には弱い一面を見せたり、相談するなんてことは絶対に無かったんですけど、初めて何でもさらけ出して話が出来ました。旅人の中にプロスキーヤーのケンさんという方がいたんですけど、ケンさんにキツく言われたんです。”お前弱いな”と。僕もちょっとムキになって言い合いみたいになっちゃったんですけどね(笑)
自暴自棄だった僕はケンさんに今後サッカーどうするのか聞かれて、今思えば認めたく無かっただけなんですけど、”いや、俺は今が楽しいんで。サッカーやってた時よりも楽しいくらいです”って答えて。そしたら”お前弱いな”ですよ。
僕も今まで苦労しても頑張ってきた自負があって、それなのに弱いなんてないんじゃないかと。ケンさんだってスキーヤー辞めてるんで、人のこと言えないんじゃないかと噛みついてました。
でも、違うんですよね。ケンさんはスキーヤー諦めてるからこそ、僕の本当の気持ちが分かってたんです。僕が本当はサッカーに対する情熱が残ってて、諦めきれないから自暴自棄になってるのも見透かされたんだと思います。ケンさんにちゃんと考えろって言われてから、本当に真剣に考えました。そしたら2日後にはペルー第二の都市、クスコに飛んでました(笑)

平安山 :とりあえず行動してみたのですね。凄い行動力です。そこから今のシエンシアーノ入団に繋がったわけですね。でも、最初にも言いましたが、シエンシアーノはペルーのBIGクラブ。いきなり来た東洋人がハイそうですかと入れる様なレベルのクラブではありません。

平識 :ケンさんとの一件があって、僕はもう本当に必死でした。このまま日本帰ったら笑われるって。日本のみんなに顔見せ出来ない。シエンシアーノの練習場には警備員がいて、監督にチャンスをくれと直談判しようにも、初日はダメでした。それから数日通ってみて、警備員の隙を突いてノーアポで監督に半ば無理矢理話してみました。なんとしてでもチャンスが欲しかった。当然監督の反応もあまり良くなくて、練習参加は認めてくれはしたんですけど、2時間ぐらいある練習の内の、最後のゲームのラスト10分

平安山 :監督の気分次第では無かったかも知れないチャンスですね。

平識 :でも、その10分のゲームだけで2得点しちゃったんです(笑)そしたら周りの僕に対する目がもう全然変わって、何処から来たのかとか、経歴とか、質問責めにあい、その勢いのままポンポンっと即契約になりました。ケンさんとの一晩で決心が変わり、2日で挑戦する街が変わり、10分で人生が変わりました(笑)無視してしまってた両親とも連絡して、母親はボロ泣きするし、いつも厳しかった父親から、”よく頑張ったな”と、産まれて初めて褒められました。

平安山 :確約のない挑戦から、契約を勝ち取ったのですね。同じく南米で闘う私も見習いたいと思います。新しいチームに来てからの心境の変化はありますか?

平識 :1度クビになってるので、逆境から這い上がった分、貪欲になったと思います。とにかくハングリー。伊勢崎商業時代なんかは綺麗なプレーが多かったですけど、もう今は何が何でもボール奪ったるって気持ちで、当たりも激しくいきます。

 

明日はペルーリーグ奮闘記。平識善昭の挑戦。「~更に挑戦は続く~」を掲載致します。

第1話 ペルーリーグ奮闘記。平識善昭の挑戦。海外で挫折を乗り越え開花した秘訣とは?情熱物語

第2話 ペルーリーグ奮闘記。平識善昭の挑戦。~ペルーで経験した外国人いじめ~情熱物語

 

~平識 善昭プロフィール~
埼玉県出身 伊勢崎商業高校卒
藤岡キッカーズや伊勢崎商業高校でプレーした後、南米ペルーへ。日本でのプロ経験はない。ウニベルシタリオ→シエンシアーノと活躍し、ドリームマッチ群馬2015に出場予定。2016年からはブラジル挑戦を表明している。

~筆者・平安山良太プロフィール~
1990年5月21日生 沖縄出身 中京大卒
小学生よりサッカーを始めるが、ケガにより早期挫折。高校時代より指導者の道へ。日本で街クラブ、部活、名古屋グランパスで幼稚園~大学生まで幅広く指導者として関わり多くを学んだ後、海外へ。東南アジアのトライアジアプノンペンFC(現カンボジアンタイガーFC)やラオス代表で研修した後、ブラジル挑戦。
ブラジル一部リーグのアトレチコ・パラナエンセ→SCコリンチャンス→Avai FCの下部組織にてアシスタントコーチを歴任。ライター、代理人業も広く行っている。

お問い合わせは 公式Twitter @HenzanRyota

関連記事

「インタビュー」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2015/12/16 10:01