【特集インタビュー】沖縄出身4番目のJリーガー仲里航 Jでの経験をセカンドキャリアに生かす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

01
04月
2016

FBNサッカースクール提供

沖縄出身の4番目のJリーガーとなった仲里航さん。子供の頃にJリーグ開幕戦をテレビで観戦した時に、僕もこの選手みたいになりたいと夢を見て始めたサッカー。仲里さんが目標にした選手は三浦知良選手。そして仲里さんがヴィッセル神戸でJリーガー人生をスタートさせた時、憧れだった三浦知良選手も同クラブに所属していた。Jリーグでの試合出場を果たすことができずに、現役引退となった仲里さんだが、サッカーで学んだことは多く、新たな人生を歩み始めた今でもその時の経験が生きている。

-サッカーを始めたきっかけを教えてください。
仲里:自分は小さい頃、泣き虫で引きこもりがちな性格でした。そんな時に良いきっかけとなればと思い、何かスポーツを始めることにしました。それがちょうどJリーグ開幕年で、開幕戦のヴェルディ川崎(現:東京ヴェルディ)対横浜マリノス(横浜F・マリノス)をTVで観ました。そこでカズさん(三浦知良選手)のプレーに衝撃を受けて、この選手と一緒のピッチに立ちたいと思ってサッカーを始めました。

 

-Jリーガーを目指すという夢に対しての周りの反応はどうでしたか?
仲里:今では野球と変わらないぐらいの人気になっていますが、その当時はまだまだサッカーより野球というイメージが沖縄では強くて、Jリーガーになりたいという夢を話しても「無理、無理」という反応が多かったですね。

 

-そんな環境の中Jリーガーという夢を叶えられましたね。
仲里:本当にタイミングも良かったと思います。高校2年か3年の時に沖縄代表として国体に出場して、その時対戦したチームにJリーグ注目選手がいました。その選手のプレーを見に強化部の方々が何名か来られていましたが、その試合自分自身の調子がすごく良くて、強化の方々の目に留まるプレーをすることができました。そこからいくつかのJクラブの練習に参加して、ヴィッセル神戸でお世話になることを決めました。

 

-当時の神戸にはカズさんもいましたよね?
仲里:憧れだったカズさんと一緒のチームになれて、本当に良かったです。初めてお会いした日のことは今でも覚えていて、トイレでお会いしました。スーツを着たすごくオーラのある人が入ってきたなと思ったらカズさんでした。そこで初めて挨拶をかわしました。ずっと憧れていたカズさんと一緒のチームになれて、そして挨拶ができた。夢がひとつかなって、その夜はなぜかわかりませんが涙が流れました。

 

-カズさんからは多くのことを学んだ?
仲里:背中で多くのことを学ばせていただきました。自己管理をしっかりとしている。プロは体が資本なのでケアは絶対に怠っていませんでした。カズさんはパーソナルトレーナーの方に会いに、名古屋や東京まで行くこともあった。練習でも100%の力を出していました。練習前のストレッチも入念におこなって、練習後も若手と一緒に自主トレをして、最後にまたしっかりとボディケアをしていました。これが本当のプロフェッショナルだと教えてもらいましたね。

 

-その環境が今の仲里さんの人生にも生きている?
仲里:もちろん。オンとオフの切替えの大切さ。夢や目標に向かうプロセスの大事さ、結果をだすことの難しさも教えてもらいました。

 

-23歳の若さで現役を引退された理由は?
仲里:Jリーガーになる時に父親と期限を決めました。5年をひとつの区切りにしようと話しました。そしてその5年を迎えたとき、自分はFC琉球に所属していて、Jリーガーではなかった。Jリーガーじゃなければ環境を変えようという考えを持っていて、ここが区切りだと感じました。やりきっていましたし、悔いはありませんでした。

 

 

【次ページ】やっぱり好きなサッカーを仕事にしたい

1 2

関連記事

「インタビュー」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2016/04/01 16:56