『ブラジル帰りの若武者』磯部和彦の挑戦は続く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10
08月
2016

湘南ベルマーレユースを卒業し、ブラジルに渡ったGK磯部和彦。弊サイトで彼の挑戦を取り上げてから2年が経ち、彼は今日本に帰国しJFLのFC大阪に所属している。FC大阪は大阪3番目のJリーグを目指すクラブで、今季はJFL1stステージに首位争いを繰り広げるなど、リーグ屈指の攻撃力を誇るクラブ。今季はその攻撃力に加え、安定した守備を兼ね備えている。日本に帰国してからの2年間、磯部は試合出場こそないもののここ2年で多くの経験値を積んでいる。

◆シュナイダー潤之介との出会い
2015年に帰国した磯部が加入したのは奈良クラブだった。その奈良クラブには当時Jリーグでも活躍していたシュナイダー潤之介(現ザスパクサツ群馬GKコーチ)が所属していた。磯部にとってシュナイダーとの出会いは大きな転機となり、GKにとって大切なことや、練習のノウハウ、さらにはシュナイダー自身が経験してきたことを学んだ。「シュナイダーイズム」を磯部は継いでいる。練習の日は最初にきて最後まで練習をする。チームのためにできることは120%の力で取り組む。この経験を生かし磯部は現在、奈良県にある大和広陵高校で外部指導者としても活動を行っている。磯部は「初めての高校サッカー。最初は毎日が新鮮なことばかりでした。普通の公立高校を全国へ連れていく。僕にとって凄い魅力的な挑戦です」と語っている。

 

 

◆FC大阪に加入し芽生えた責任感
奈良クラブを契約満了になった磯部に目をつけたのはFC大阪だった。GKにとって大事なこと、必要な練習、試合に取り組む姿勢などをシュナイダーから叩き込まれた磯部はその知識など発揮し、JFL1stステージ優勝争いをしたチームに多くのことをもたらしている。今季FC大阪は昨季に比べて、失点時に大きく崩れることが減った。ディフェンスラインが強化されたこともあるが、GK陣の安定したプレーも失点が減った要因の一つになっていることに違いない。またGKコーチを任されることによって磯部は責任感が増した。これまでの磯部は若手というイメージが強い選手であったが、GK陣は自分が引っ張っていくという気持ちが見れるようになった。磯部自身も「誰かがやってくれる。あの人についていけばいいという気持ちから、自分がなんとかする。自分が引っ張っていくという気持ちが芽生えた」と話してくれた。

 

 

◆大和広陵高校での指導が今後の道標に
磯部はプレーヤーの傍ら、昨年の1月から広陵高校の外部指導者を務めている。これまでは指導される側だけであったが、自身も学生を指導することによりこれまでとは違った視点からサッカーと向き合えるようになっていた。広陵高校での経験について磯部は「出会った頃は目標がなかった選手たちが本気で全国を目指している。僕自身、彼らに出会えて最高のサッカーライフを送らせてもらっています。だからこそ、大和広陵高校の皆と全国大会へ行きたいと思っています。そして彼らが卒業するときに胸を張れるような三年間にしてあげたい」と話している。そしてこの広陵高校での指導が磯部の気持ちを大きく動かした。

 

 

◆生涯サッカーに関わって生きていきたい
現在FC大阪に選手兼GKコーチとして所属する磯部。これまでは「まだまだ若いから先のことはなにも考えずにただがむしゃらにサッカーと向き合う」という姿勢が見られた。しかし、今季の途中から彼の成長はプレー以外の面でも見られ、精神的に大人になったように見受けられた。磯部にこれからの夢についてを聞くと「広陵高校を全国へ連れていきたい。選手たちに今まで見たことのない世界を見せてあげたい。大和広陵でサッカーをできたことが今後の人生の財産になるように全力で向き合ってあげたい」と話した。選手としての目標については「ここまでこれたのは決して自分の力だけではないので、支えってくださった方や、いつもサポートしてくれる人に自分のプレーをもっと見てもらえるようにまだまだ成長しなければいけない。今はまだベンチ入りもできていない状況だが、自分が試合に出場できるようになれば、同じ境遇にいる選手たちの力にもなれると思うし、自分の自信にもつながると思います。どんな状況でも絶対に諦めないこと。ずっと夢に見てきたサッカー選手。だからこそ最後までやりきりたい。たくさんの人が応援してくれている。全力で闘っている姿を見せて恩返ししていきたい」と話す。今季も残すところあと8試合となったJFLのリーグ戦。磯部は試合出場を果たせるのか。彼の今後に注目したい。

 

【磯部和彦写真ギャラリー】

磯部① 磯部②

磯部③ 磯部④

 

 

(PR)ヤンマースタジアム長居周辺。予約駐車場

関連記事

「インタビュー」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2016/08/10 14:53