地決に向け出場チーム監督が意気込みを語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

07
11月
2013

レノファ山口練習風景
写真:レノファ山口練習風景)

第37回全国地域サッカーリーグ決勝大会の1次ラウンドが8日、各地で開幕する。グルージャ盛岡、レノファ山口は来シーズンから新設が予定されているJ3参入に向けて、重要な大会となる。

各クラブ監督コメントは以下のとおり

■サウルコス福井 GM兼監督 佐野 達
ここに至るまでにご支援・ご協力いただいた、スポンサー、サポーター、ボランティアすべての方々に感謝いたします。このステージに残ったチームは全て強豪ですが、福井県サッカー界として初めてのJFL昇格に向けて、全力でプレーいたします。JFLに昇格することにより、今まで以上に福井の地域活性化への貢献と、子供たちにひたむきに夢を見ることの大切さを感じていただきたいです。

■FC大阪 森岡 茂監督
昇格することしか考えていません。そのために全力を尽くします。

■グルージャ盛岡 鳴尾 直軌監督
これまでやってきた成果と経験を活かして、全勝で決勝ラウンドに進出したいと思います。

■ノルブリッツ北海道 木島 敦監督
各地域のリーグ首位チームおよび全国社会人サッカー大会上位チームが参加する本大会において、厳しい戦いが予想されますが、
北海道代表として恥じない戦いを展開し勝利を目指したいと思います。

■レノファ山口 中山 元気監督
ただ参加するだけでは意味がないので、全社というプレッシャーのかかる過酷な戦いを勝ち抜いた経験を活かし、
1試合、1試合勝つためにチーム一丸となって戦います。応援よろしくお願いします!

■ジョイフル本田つくばFC 副島 秀治監督
チームとして今年は2つの目標を掲げていました。まずは関東リーグに昇格すること。もう一つは全国大会で活躍することでした。
全社で4位という成績を収めることができ、地決の出場権を手に入れ、また全国大会で活躍できるチャンスを得ました。一戦でも多く勝てるように頑張ります。

■FC今治 木村 孝洋監督
まずは1次ラウンド突破。この目標を必ず達成できるようにチーム一丸となって戦いますので応援よろしくお願いします。

 

※11月7日時点でサッカーなうに寄せられたコメントのみ掲載

 

 

関連記事

「フットサル・社会人・その他」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2013/11/07 15:06