アミティエSC京都 塚原監督「戦いの準備は整った」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

26
03月
2015

選手同士でミーティングを行うアミティエSCの選手たち
写真:選手同士でミーティングを行うアミティエSCの選手たち)

アミティエSC京都は26日、下鳥羽球技場にてJFLのFC大阪と45分×2のトレーニングマッチを行った。1本目はFC大阪のペースで試合は進み2失点したが、2本目は前半の悪い部分を修正し、5得点を奪った。試合後、塚原真也監督に今季のチーム目標やスタイルについて話を聞いた。

チームのスタイルや特徴について塚原監督は「今季は切り替えの部分は意識しています。選手たちにはそこを早くするように伝えるとともに、高い位置でボールを拾った時にしっかりと攻め切るようには伝えています。あとはセカンドボールを大切にするようにしています」と紹介。

そして今季の目標については「JFL目標です。そして天皇杯に出場してJリーグのチームから勝利することを目標にしています。全社で5試合勝って、地域決勝大会の切符を手にするのは大変だと思います。リーグ戦で優勝して地域決勝大会に挑みたいです」と語った。

また4月11日の開幕戦に向けて「いつでも開幕できる準備は整っています。昨年から在籍する選手が中心になって、そこに新加入選手が加わり、戦力はかなり底上げされました。初戦でしっかりと結果を出したいと思います」と意気込んだ。

昨年のリーグ1位、2位チーム(奈良クラブとFC大阪)がJFLに昇格し、混戦が予想される関西サッカーリーグ。アミティエSCの今季に懸ける想いは大きい。

試合の詳しいスコアはコチラから→アミティエSC京都公式サイト

(取材・文:澤田ゆうき)

 

 

(PR)埼玉スタジアム周辺!予約できる駐車場

(PR)ヤンマースタジアム長居周辺。予約駐車場

関連記事

「フットサル・社会人・その他」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2015/03/26 16:09