ネパール地震被災地支援募金贈呈式にアミティエSC京都が出席

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

30
06月
2015

アミティエSC京都提供

ネパール地震被災地支援募金贈呈式が29日、京都精華大学にて実施された。贈呈式にはアミティエSC京都の代表取締役 堀込孝二氏と清野暁事業部長、公益社団法人アジア協会アジア友の会 熱田典子氏、京都精華大学 常務理事 副学長 武田惠司氏などが出席した。

アミティエSC京都は試合会場で集まった募金(23,838円)と、京都精華大学様が制作してくださった横断幕に、アミティエSC京都選手のサイン・メッセージを入れて、公益社団法人アジア協会アジア友の会(JAFS)副事務局長の熱田典子様に贈呈した。

その後、 武田副学長より、学内での募金活動で集まった募金の目録が熱田氏に贈呈され、最後に熱田氏より、ネパールの現状と地震発生から現在に至るまでの支援活動についての報告が行われ、贈呈式は終了となった。

アミティエSC京都代表取締役 堀込孝二氏は「微力ではありますが、京都のチームとして何かできないかという気持ちでご協力させていただきました。募金活動は今日で一区切りという形になりますが、これが終わりではなく新たな始まりとして、今後もできる限りのご協力をしていきたいと思っています」と話した。

また熱田氏は「ご支援いただいた方々に感謝致します。地震から時間も経ち、メディア等で取り上げられる機会も減り地震のことを忘れられがちではありますが、今のネパールが『自分たちの手では復興できない』という日本とはかけ離れた状況であることを理解していただければ幸いです」とコメントしている。

 

(PR)スタジアム周辺の空き駐車場の掲載多数 3分でカンタン予約

(PR)ヤンマースタジアム長居周辺。予約駐車場

関連記事

「フットサル・社会人・その他」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2015/06/30 9:29