兄弟で日本代表入りを目指す永井兄弟が揃って結婚を報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

22
03月
2016

よしもとクリエイティブエージェンシー提供

よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属でFリーグ「シュライカ―大阪」で活躍する永井義文と、弟でJリーグ「V・ファーレン長崎」で活躍する永井龍が兄弟揃って、結婚を報告した。

永井兄弟は共にセレッソ大阪下部組織で育ち、兄の義史はフットサル選手として日本代表に選出されるなどの経歴をもつ。昨年は、単身イタリアへ渡りイタリアフットサルリーグ セリエA2「ASD FUTSALISOLA(フットサル イソラ)へ在籍し、リーグ戦14試合に出場し10得点を挙げる活躍をみせ、現地イタリアからも高い評価を受けた。

所属事務所を通じて義文は「私、シュライカー大阪 永井義文は、かねてよりお付き合いをしてまりました28歳会社員の方と入籍しましたことを謹んでご報告します。まだまだ未熟で至らない私ですが、感謝の気持ちを忘れずに、今までより一層真摯にフットサルに向き合い、努力を重ねてまいります。皆様には、今度とも変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます」とコメントを発表した。

また弟の龍は、2010年に18歳という若さでC大阪トップチームに昇格し、Jリーグデビューを果たす。セレッソ大阪でキャリアを積みつつ2012年にはオーストラリア パース・グローリーFC、2015年には大分トリニータに期限付き移籍を経験し、選手としての幅を広げた。今季は、中学時代から長年袖を通したセレッソ大阪のユニフォームを脱ぎ、V・ファーレン長崎へ完全移籍。開幕から4試合連続でスタメン出場し、2ゴールを記録している。

龍は「3月22日に、かねてからお付き合いさせていただいていた女性と入籍いたしました。昨年、生死をさまようケガをした時、病室でいつも隣にいて自分を支え、励ましてくれた人が彼女でした。これからは自分が永井家の大黒柱となり、支えていきたいと思います。自分のためだけではなく、家族のために、今まで以上にサッカー人生に全力を注ぎたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」と結婚を報告した。

 

(PR)ヤンマースタジアム長居周辺。予約駐車場

関連記事

「フットサル」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2016/03/22 18:00