元C大阪・富山の、佐川印刷SC江添建次郎 独占インタビュー2(全2回)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

14
03月
2012


■J2時代のセレッソは常に勝たないとダメだった

なう:今シーズンはどんな目標がありますか?

江添:それこそ全試合出場して優勝目指してって言いたいんですけど、本当に僕は膝の怪我があったなかで、ここの次長さんが全部出れなくてもプラスになる部分はピッチの外でも中でもたくさんあると思うのでそれを伝えて欲しいと言われて、このチームが強くなる為のものをこの1年かけて残せたらいいかなと。何年も何年もかけて自分も居座ろうじゃなくて自分がどう締めくくるかのために、それが2年3年と続けられたらいいですけど、その上で結果が出れば言うことはないなと思います。

なう:具体的にどういったことを伝えていきたいというのはありますか?例えば技術的な面や精神的な面ですとか。

江添:やはり技術の面ではJ1、J2、JFLという時点で少しずつ変わってきちゃうので、そこを上げたから強くなるというわけではないですけど、やはりレイソルの例のようにJ2で優勝したらこのままJ1でも優勝するっていう、やはりチームを強くするということが結局は順位をあげるには一番必要なことだと僕も感覚でわかっているので、セレッソの時であったりカターレの時であったり、強いチームだったり弱いチームでもやったので。何と言うんですかね、勝てる雰囲気だったりそういうのをチーム全体が共有できるような、今こういうプレイをしていれば勝てるとかこういう守りにしておけば勝てるというのは感覚的なんですけども、そういうのがうまく伝わればいいかなと思います。

なう:個々のレベルアップというよりも全体のチームとしてのレベルを上げて完成度を高めていくということですね。そういった感覚というのは経験から得られたものですか?

江添:そうですね。セレッソとかはやはり常に勝たないといけなくてJ1を目指していたので、僕はJ2のセレッソの時代のほうが多かったのですが、とにかく勝たなきゃいけない。その中で今だったら勝てる雰囲気だなとか、逆に今日この雰囲気だとヤバイぞというのもやはりあったし、逆にカターレはなかなか勝てないチームだったけど、いい所が出ると強いチームにも勝てる。でも逆に弱い相手に対しても弱い面が出ると負けるというのが、得てしてあったのでそういう感覚的なものなんですけども、そういうのを全員がわかれば、負けないチームを作れると思います。

 

■天皇杯でセレッソやカターレと対戦したい

なう:今セレッソのお話が出ましたが、セレッソでJ1とJ2両方経験されてJ1からJ2に降格が決まった時はどのような心境でしたか?

江添:やはりJ1でやりたいと思って、セレッソに行ったので、J2かという気持ちはあったんですけども、逆にJ2でコンスタントに試合に出て、そのまま、またJ1に上がった時にそのメンバーでできたら最高にいいんじゃないかと思ったんですけど、それがまたすごい時間かかってJ1上がった時には僕はカターレ行くことになった。

なう:J1とJ2の違いってのはどういった部分がありますか?

江添:やはりJ1のほうが個々で勝負しているかなと思いますね。J2はチームとして戦わないといけないかなと思います。

なう:J1の方が個々の技量が優れている選手が多いということですね。

江添:そうですね。ただ、J1の個々のレベルが世界レベルかというとそうではないのでチームでうまくやればその個々を守れるとは思います。その個々を抑えられるチームを作っていないとJ1には勝てないと思います。

なう:江添選手個人としてはJリーグでまたプレイしたいという気持ちはありますか?

江添:それは心のどっかにはあるとは思うんですけど、でも実際自分の体とか年齢とかを考えると、行けたらいいですけど、それよりは結局は地に足をつけて頑張るじゃないですが、一歩一歩やるしかないかなと。本当にもう膝のことを考えるとそう長くはないかなと思っています。

なう:天皇杯などでJリーグのチームと対戦する時になると思うのですが、このチームと対戦してみたなというクラブチームはありますか?

江添:やはりそれは今までいたセレッソやカターレと対戦してみたいです。そういうところを倒して本当にJFLのチームがどこまで食い込めるかという楽しみがあるので、相手がどこであれ、どこまで行けるかというのがチャレンジしたいと思います。

 

■僕はフィールドの中で一番うるさい

なう:では最後にファンに向けて一言お願いします。

江添:多分、僕はフィールドの中で一番うるさいとは思うんですけども、勝利のために頑張るので応援よろしくお願いします。

なう:ありがとうございました。

 |2

江添建次郎オフィシャルサイト

佐川印刷SC公式HP

「インタビュー」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2012/03/14 13:01