JFL全クラブ監督が新シーズンに向けて意気込みを語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11
03月
2014

写真提供:日本フットボールリーグ
(写真提供:日本フットボールリーグ

日本フットボールリーグ(JFL)は10日、今週末に開幕する新シーズンに向けて記者会見を開催した。会見には全クラブの監督が出席し、それぞれ今シーズンの目標を語った。

各クラブ監督コメントは以下のとおり。

■Honda FC 井幡 博康 監督
今年一年、結果は勿論の事、内容にもこだわりをもって、しっかりと観ている者を魅了できるような内容で一年間戦っていきたいと思っています。Jリーグのチーム以外にもいいチームがあるんだという事を全国の皆様に分かってもらえるように、そして必ずしや優勝できるように戦って参ります。

 

■佐川印刷京都 辛島 啓珠 監督
今年から初めてこのチームの指揮を執ることになりました。JFLは初めての舞台ですが一戦一戦しっかり戦って優勝目指して頑張っていきたいと思います。

 

■ソニー仙台FC 石川 雅人 監督
クラブとしてはJFL16年目を迎えますけれども毎試合チャレンジする姿勢を持って1シーズン戦い抜きたいと思います。

 

■横河武蔵野FC 吉田 康弘 監督
今シーズンは昨シーズン同様、フェアプレーの精神を元に一つでも順位を上に上げれるようにアマチュアチームとして正々堂々と最後まで90分間戦い抜くチームを作っていきたいと思います。

 

■ヴェルスパ大分 結城 治男 監督
今年、HOYOから企業名を取りましてヴェルスパ大分とクラブ名を変更しました。今まで以上に地域に地元に愛されるクラブに成長し飛躍させたいと思っております。ひたむきに最後まであきらめない試合を展開したいと思っております。全力で戦います。

 

■MIOびわこ滋賀 東 広樹 監督
当チームは、昨年J3への昇格にチャレンジし心配しました。しかし今年も昇格に向けて今チームは一生懸命取り組んでいます。なので順位もそうですしサポーターにも愛される、そんな強いチームを作りたいと思っています。本当にJFLも楽しいサッカーをしているんだというのを全国に発信したいと考えております。

 

■栃木ウーヴァFC 多田 徹朗 監督
我々も昨年J3申請をして失敗してしまいましたが、クラブは今年も来年からのJ3参戦を目指し頑張っています。地域の方々が応援してくれてますので、その人達の為に一試合一試合を全力で戦って、これが積み重なって優勝争いJ3参入というところへ持っていければいいのかなと思っております。選手一同、地域の人達の為に頑張っていきます。

 

■ホンダロックSC 井戸川 一徹 監督
まずリーグ開幕に当たってリーグ関係者の皆さん、各チームの皆さん、本当にありがとうございます。感謝しております。チームの目標は成績5位以内を設定して戦って参ります。ここ数年チームは低迷しています。運よく(JFLに)残れておりますが今年は必ず実力を発揮し価値あるリーグに残っていきたいと思います。

 

 

【次ページ】地域リーグより昇格を果たした6クラブの監督意気込みコメント

1 2

関連記事

「フットサル・社会人・その他」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2014/03/11 17:21