9クラブが通過したJ3ライセンス J3入会の主な要件とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

22
10月
2014

レノファ山口公式サイトより
レノファ山口公式サイト

Jリーグは21日、来季のJ3ライセンスの審査結果を発表した。今回審査を通過したのは、現在J3のグルージャ盛岡とブラウブリッツ秋田、福島ユナイテッドFC、Y.S.C.C.横浜、SC相模原、藤枝MYFC、FC琉球。JFLのアスルクラロ沼津、レノファ山口の計9クラブ。

今回審査を通過したレノファ山口を例として、J3入会の主な要件と今後のスケジュールを紹介する。

■J3入会の主な要件(Jリーグ規約より一部抜粋)
・入会直前年度のJFLのリーグ戦における 1試合平均入場者数が2,000人を超えており、かつ、3,000人に到達することを目指して努力していると認められること
・入会直前年度における年間事業収入が1.5億円以上になると、合理的に見込まれること
・入会直前年度の期末決算において、債務超過ではないことが合理的に見込まれること
・入会の可否を決定する理事会開催日の属するJFLシーズンにおける最終順位が4位以内であり、かつ、当該JFLに属するJリーグ百年構想クラブのうち、上位2クラブに入っていること

 

■今後のJ3入会までのスケジュール
10月31日(金):Jリーグによる現地(山口)ヒアリング

11月 5日(水):チェアマンヒアリング(場所:東京)
11月19日(水):Jリーグ理事会にてJ3入会の審査が行われる予定

 

レノファ山口は残り試合で、J3入会要件の一つである年間順位4位以内を維持したうえ、11月に行われる入会審査の通過を目指す。

 

 

関連記事

「フットサル・社会人・その他」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2014/10/22 11:21