1stステージ5位のFC大阪 挑戦者から警戒されるチームに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

08
06月
2015

FC大阪公式サイトより
FC大阪公式サイト:photo by Shirai Seiji)

JFL1stステージ第15節が8日に開催され、FC大阪はヤンマースタジアム長居で鹿児島ユナイテッドFCと対戦した。

ブラジル人トリオの欠場や、FW四ヶ浦寛康、FW塚田卓など主力選手を怪我で欠く中、代わりの選手たちが奮闘する試合となった。これまでに出場機会があまりなかった、MF濱上孝次、FW田中直基がスタメンに抜擢されると、前半から落ち着いて試合に入り、持ち味を出していく。前半16分にフリーキックから、得点を許すものの、安定した守備を見せ、カウンター中心に攻撃を仕掛けた。しかし得点を挙げることはできずに1点ビハインドで前半を折り返す。

後半に入ると、MF前原大樹やFW菅原康太がピッチに投入される。前原は得意のドリブルでピッチを駆けまわりチャンスメイク。菅原もベテランらしく、しっかりとチームをまとめながら、自身も得点チャンスを伺った。だが最後まで鹿児島の堅い守備をこじ開けることはできずに、0-1で敗戦となった。

試合後森岡茂監督は「本当に内容は良かっただけに勝たせてあげたかったです。ここで勝てれば自信につながったゲームになったと思います。交代選手もスムーズに試合へ入ることができて、コンディションも良かったので、心配はしていなかったです。理想は今日のような試合運びで勝つことです。あとは自分の手腕の部分もあると思います」と振り返った。

また2ndステージに向けて、「今日言ったことをすぐに実行できる選手たちなので、これからは細かい部分も突き詰めていきたいです。特に個の部分は大事になってきますし、攻撃の部分はもっともっと追求していきたいと思います。この悔しさをバネにしたいと思いますし、最後まで優勝争いを繰り広げることができたことで、他のクラブは今後警戒してくると思いますので、しっかりと準備をして、2ndステージに挑みたいです」と意気込みを語った。

 

(PR)埼玉スタジアム周辺!予約できる駐車場

(PR)ヤンマースタジアム長居周辺。予約駐車場

関連記事

「フットサル・社会人・その他」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2015/06/08 16:10