スコールの中の試合に敗れた奈良クラブ 4年連続初戦突破ならず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

31
08月
2015

奈良クラブ公式サイト
奈良クラブ公式サイト

天皇杯の1回戦が29日と30日に各地で開催された。奈良クラブは29日に橿原陸上競技場で藤枝MYFCと対戦。試合は延長戦でも決着はつかずにPK戦まで進んだ末に、藤枝が勝利を収めた。

後半開始早々に藤枝のDF佐藤将也が2度目の警告を受けて退場となると、奈良クラブペースで試合は進んで行く。奈良クラブはサイド攻撃を中心に得点を狙っていくが、ゴールを奪うことができずに試合は延長戦へ。延長戦でも両チーム共に得点を挙げることはなく、試合はPK戦へと進んだ。

PK戦は両チーム共に5人目まで全員が成功。迎えた6人目、先行の奈良クラブはMF塚本翔平がキッカーを務めたが失敗。藤枝の6人目、DF沓掛勇太がしっかりと決めて藤枝が2回戦へ駒を進めた。

昨年、福島ユナイテッドFCやベガルタ仙台に勝利し、ジャイアントキリングを起こした奈良クラブだったが今年は1回戦で姿を消した。

試合後奈良クラブの中村敦監督は「勝たなくてはならない試合を勝てなかった。スコールの中応援してくれてたサポーターと共に勝利したかった。非常に残念です」と話した。

 

(PR)スタジアム周辺の空き駐車場の掲載多数 3分でカンタン予約

(PR)ヤンマースタジアム長居周辺。予約駐車場

関連記事

「フットサル・社会人・その他」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2015/08/31 17:42