ソニー仙台に逆転負けを喫した奈良クラブ中村監督「残りの試合を全力であがく」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

14
09月
2015

奈良クラブ公式サイト
奈良クラブ公式サイト

JFL2ndステージ第8節が各地で開催され、奈良クラブは石巻市総合運動公園フットボール場で首位ソニー仙台FCと対戦した。奈良クラブは前半7分にコーナーキックの流れからDF三浦修が先制点を奪い、幸先の良いスタートを切ったが、前半終了間際の44分に同点ゴールを許す。さらに64分にはミスも絡み勝ち越し点を奪われる。

81分にはFW岡山一成を投入し、同点ゴールを目指したが万事休す。そのまま試合は終了し、1−2で奈良クラブは逆転負けとなった。

敗れた奈良クラブの中村敦監督は試合後「首位との直接対決に敗れたのは非常に痛い。だが、選手は全力を尽くしてくれた。残りの試合を全力であがくのみです。遠い所から応援に来て頂いたサポーターの皆さんには感謝いたします」と話した。

また先制ゴールを奪った三浦は試合を振り返り「何かを変えようと必死にもがいていたが結果は敗戦。非常に悔しいですが前を向いて取り組んでいくだけです」と次戦に向けての切り替えを強調した。

奈良クラブは次戦、20日に鴻池陸上競技場で横河武蔵野FCと対戦する。

 

(PR)スタジアム周辺の空き駐車場の掲載多数 3分でカンタン予約

(PR)ヤンマースタジアム長居周辺。予約駐車場

関連記事

「フットサル・社会人・その他」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2015/09/14 9:47