徳島からFC大阪へレンタルの木下が引退「自分はやりきったと胸を張れます」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11
12月
2015

FC大阪公式サイトより
FC大阪公式サイト

FC大阪は11日、J2徳島ヴォルティスより期限付き移籍で所属していたDF木下淑晶の期限付き移籍期間が満了し、現役を引退することを発表した。木下は今季JFLで21試合に出場、天皇杯でも2試合に出場していた。

木下はFC大阪を通じて「あまり実績のない、こんな自分を拾っていただいたことに感謝していますし、FC大阪が掲げるJFL優勝という目標が達成出来なくて本当に残念に思います。少しでも力になりたかったのですが、力になることが出来ずに申し訳ない気持ちです。大阪には、他にJクラブがあるにも関わらず応援してくださるみなさんのおかげで自分も頑張ることが出来ました。ありがとうございました」と感謝の気持ちを綴った。

また徳島の公式サイトを通じて「今シーズンはFC大阪で結果を残して、徳島に帰りたいという気持ちで1年間臨みました。1日1日を大切にして毎日努力した結果なので、自分はやりきったと胸を張れますし、上では通用しないという限界が見えたので引退という決断をしました。試合に出ていなくても応援に来てくださったり、サポーターのみなさんの応援があったのでここまで頑張ることができました。そのためにも徳島に帰りたいという気持ちは強かったので、残念ですが、今まで応援していただき本当にありがとうございました」とコメントした。

 

(PR)スタジアム周辺の空き駐車場の掲載多数 3分でカンタン予約

(PR)ヤンマースタジアム長居周辺。予約駐車場

関連記事

「フットサル・社会人・その他」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2015/12/11 16:26