鴻ノ池競技場が奈良クラブカラーに 奈良県初のJクラブ誕生をサポートしたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11
07月
2016

鴻ノ池陸上競技場

47都道府県でJクラブがない地域が9県ある。そのひとつが奈良県である。奈良県では初のJクラブ誕生を目指し、現在奈良クラブがJFLに所属している。Jリーグに加盟するためには競技成績だけでは、入会が認められない。競技成績以外に、地域との関わりや、サポーター、スタジアムなど多くの要件を満たして初めてJリーグへの加盟が認められる。

奈良クラブは現在JFLに所属しており、年間順位4位以内かつ100年構想クラブの中で上位2クラブに入れば競技成績の面はクリアできる。

そして今年、ホームスタジアムとして使用している鴻ノ 池陸上競技場もJ3昇格に向けて、施設内が大きく整備された。

◆ロッカールームが奈良クラブカラーに

ロッカールーム

選手が使用するロッカールームのシャワー室が綺麗になり、奈良クラブが使用するホーム用のロッカールームには、奈良クラブカラーのロッカーが導入された。

◆Jクラブのホームスタジアムに負けないピッチ環境

ピッチ

鴻ノ池陸上競技場の指定管理会社、キタイ設計株式会社さんの管理のもと、ピッチを使用しながら芝を養生している。ここ2年で芝はJクラブのホームスタジアムに見劣りしない環境となった。

鴻池競技場にはこの他にもドーピングルームが設置され、審判控え室なども整備された。

 

奈良クラブがホームスタジアムとして利用している、もうひとつのスタジアム橿原公苑陸上競技場も9月から改修工事に入ることが決定している。

行政とクラブが一丸となって県内初のJクラブを目指す。

 

(PR)ヤンマースタジアム長居周辺。予約駐車場

関連記事

「フットサル・社会人・その他」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2016/07/11 13:52