昇格1年目のラインメール青森が5連勝で2ndステージ首位をキープ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

19
07月
2016

イメージ写真

JFL2ndステージ第5節が16日に3試合、17日に3試合、18日に1試合開催された。2ndステージに入ってから4連勝と好調をキープするラインメール青森は17日に、ホームでファジアーノ岡山ネクストと対戦。この日も攻撃陣が効率良く得点を重ねて、終わってみれば3-0と快勝を収めて5連勝を記録した。

1stステージ首位の流経大ドラゴンズ龍ケ崎はブリオベッカ浦安と対戦。FW横地貴徳の2ゴールなどで4-2と勝利を収めて通算順位でも首位をキープしている。

今季も残り10試合となったJFL。100年構想クラブのJ3入会をかけた戦いにも注目が集まっており、現在通算順位で4位以内に入っているのはアスルクラロ沼津のみ。他のチームは苦戦を強いられている。

J3入会に向けて負けられない戦いが続く奈良クラブとヴァンラーレ八戸は今節直接対決となったが、アウェイの八戸が2-0と勝利を収めた。敗れた奈良クラブの中村敦監督は試合後、「毎試合失点0を目標に戦っていますがこの試合も失点してしまいました。自ずと展開は非常に苦しいです。この流れを立ち切れる様改善していきます」と話した。

 

(PR)ヤンマースタジアム長居周辺。予約駐車場

関連記事

「フットサル・社会人・その他」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2016/07/19 11:32