「差別や暴力のない世界をサッカーから」Jリーグが人権啓発活動PR動画を公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10
09月
2015

Jリーグより
Jリーグ公式サイト

Jリーグは10日「差別や暴力のない世界を」のスローガンのもと、日本サッカー協会と共同で進めるリスペクト・フェアプレー キャンペーンの一環として、これまで全国のスタジアムなどで行ってきた人権啓発活動をさらに推進し、より多くの方に人権 問題への関心を持っていただけるようにと、新たに PR 映像を制作した。

10日から放映が開始され、Jリーグ公式 Facebook、Twitter にて先行公開されている。今後は全国のJリーグ各スタジアムやTVなどでも放映される。

出演者の一人浦和レッズのFW武藤雄樹は「このたびは、人権啓発活動 PR 映像に出演させていただき、ありがとうございました。このような撮影は初めての経験であり、 また共演させていただいたみなさんも初対面の方々ばかりだったので、最初はかなり緊張しましたが、明るい雰囲気の中、 楽しい時間を過ごすことができました。人権を守るためには、一人一人が思いやりの心を持って接することが必要だと思い ます。相手を思う気持ち、敬う気持ちを持って、差別や暴力のない世界をみんなで作っていきましょう!」とコメントを発表している。

またフローラン ダバディ氏 は「私は子どもの時からサッカーファンですが、念願のフランス代表 W 杯優勝をおよそ 20年待ちました。優勝したフランス・チ ームはアルジェリア系フランス人のジダンを筆頭に、アフリカ系、中央アジア系、オセアニア系が混在する人種の坩堝(るつ ぼ)でした。彼らの絆がサッカーフランス代表の一番の力でした。J リーグも 1993年に優秀な外国人選手の力を借りて誕生 し、20年後の今も、日本に住む私のような外国人のサッカー愛が絶対に必要とされています。私もわずか 4年間、日本代 表の通訳として、日本サッカーの国際化に努めましたが、今回の人権啓発運動に参加できて光栄でした」と今回の出演への感想を述べている。

(PR)スタジアム周辺の空き駐車場の掲載多数 3分でカンタン予約

(PR)ヤンマースタジアム長居周辺。予約駐車場

関連記事

    関連する記事が見つかりませんでした。

「Jリーグ」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2015/09/10 17:34