【戦評】広島のパスサッカーに必要なもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

24
04月
2012

Jリーグディビジョン1第7節 サンフレッチェ広島対名古屋グランパス

広島のパスサッカーは個々の力に頼らず、細かいパスを多用しチーム全体で相手を崩しゴールを奪うスタイルである。名古屋の個の力を用いて高さと速さで攻めるサッカーとは正反対である。

試合の展開は、名古屋が前から積極的にプレスをかけて広島にパスサッカーをさせないように動いていた。そのプレスにより広島は幾度かボールを失っていた。

前半は思うようなサッカーができないでいた広島は結局、名古屋の堅固なディフェンスラインを崩せずに前半を0-0のまま終えた。アウェイにも関わらず終始積極的に動いていた名古屋は、広島に攻め入られることもあったが危なかしい感じはしなかった。

一方の広島は、攻守の切り替え、バランスが名古屋ほど噛み合っていなかったように見えた。佐藤寿人にボールを集めてチャンスを作る広島だったが楢崎にことごとくストップされる。守備に関しても名古屋に広島のお株を奪うようなパスワークからクロスをあげられて失点してしまった。

試合終了間際に森脇のゴールでなんとか同点い追いついたものの安定感に欠ける印象を受ける一戦であった。広島のサッカーは観る者を魅了する力はあるだけに、今後は安定した内容で昨シーズンを上回る結果を残してほしい。

 

(長沼 忍)

「コラム」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2012/04/24 15:49