鹿島サポーターに聞く歴代No.1ストライカーは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

26
05月
2014

イメージ画像

21日に万博記念競技場で行われた、ヤマザキナビスコカップ1次リーグ第4節ガンバ大阪vs鹿島アントラーズの試合前に、鹿島アントラーズサポーター80人に歴代No.1ストライカーについてのアンケートを行った。

アンケート結果は以下のとおり

【第3位】14票 長谷川祥之(1992年~2003年) 
鹿島通算 354試合出場 120得点
40代男性「あのヘディングは凄かった。あの得点力こそストライカーだと思う」
30代男性「鹿島黄金時代を支えた選手のひとり。最強ストライカー」

 

【第2位】18票 マルキーニョス (2007年~2010年)
鹿島通算 146試合出場 69得点
30代男性「あのキープ力とシュートセンスはすごい。Jリーグ全体で見てもトップクラス」
20代男性「なんでそんなシュートが打てるのと思うときがった。ボールを持った時の信頼が違う」

 

【第1位】26票 柳沢敦 (1996年~2003年、2006年、2007年)
鹿島通算 288試合出場 97得点
20代女性「あれだけサポーターから愛されていた選手はいないと思う。移籍しても応援するサポーターが多い」
30代男性「裏への飛び出しとか、ボールを持っていなときの動きは日本人で歴代NO.1だと思う」

今回の調査結果では、FW柳沢敦が1位となった。話を聞いたサポーターのほとんどから「やなぎ(柳沢敦の愛称)か○○」という答えが返ってきた。
またランク外になったが、ブラジルW杯日本代表に選出されたFW大迫勇也にも10票以上の票が集まった。
30代後半から40代の方々は、FW長谷川祥之や外国籍選手に投票するケースが多く、女性サポーターの票は柳沢に集まった。

次回は鹿島サポーターに聞く歴代最高監督編を掲載いたします。

 

関連記事

「Jリーグ」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2014/05/26 18:36