Aマドリード シメオネ監督鳥栖との親善試合に向けて「リーガで戦っているようなプレイを見せる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

31
07月
2015

サニーサイドアップ提供

サガン鳥栖主催のアトレティコ・マドリードウェルカムパーティーが30日、佐賀県内のホテルで開催された。パーティーにはリーガ・エスパニョーラ 副会長クレメンテ・ビジャベルデ・ウェルガ氏の他に、アトレティコからはシメオネ監督、MF ガビ、FWフェルナンド・トーレス、MF ラウール・ガルシアなどが出席。鳥栖からは森下仁志監督、DF菊地直哉、FW豊田陽平、MF水沼宏太などが参加した。

世界最高峰のプロサッカーリーグ、リーガ・エスパニョーラは、LFP ワールドチャレンジプログラム・アジアツアーの一環として、8月1日19時よりベストアメニティスタジアムにてリーガ・エスパニョーラ 1部のアトレティコ・マドリードとサガン鳥栖との親善試合 Cygames Presents SpecialMatch を開催する。

親善試合を記念し30日の 20時より、サガン鳥栖主催のアトレティコ・マドリード ウェルカムパーティーが行われた。ワールドチャレンジプログラム・アジアツアーの統括リーダーとして、日本にアトレティコ・マドリードを招聘したリーガ・エスパニョーラ副会長のクレメンテ氏は、『本日はこのような会に呼んでいただき本当に嬉しく思います。リーガ・エスパニョーラが世界ツアーを始めて今年で3年目になります。今回、日本に来られたことを本当に嬉しく思っています。ツアーの本来の目的は、サッカーはもちろんのこと、リーガ・エスパニョーラのブランド力を活かして、スペインと日本の繋がりをより高め、スペインの特産品や文化を日本に広めることができればと考えております。それが達成出来れば本当に光栄なことです。ぜひ日本の多くの方々にスペインの文化を知っていただければと思います。』と語り、日本でのスペイン文化の浸透を願った。

その後、両チーム選手及び両監督が会場へ入場。アトレティコ・マドリードからはシメオネ監督、ガビ、ラウール・ガルシア、サガン鳥栖からは菊池、水沼が代表し、鏡開きを行い、会場を大いに沸かせた。土曜日の親善試合前に、シメオネ監督は『本日、このような会に参加でき光栄に思います。土曜日の試合では、日々リーガ・エスパニョーラで戦っているようなプレイを見せることをここに誓います』と語ったのに対し、サガン鳥栖森下仁志監督は『みなさんこんばんは。世界の中でもビッククラブの一つであるアトレティコ・マドリードと試合ができることを非常に嬉しく思っています。土曜日は自分たちのサッカーが出来るように頑張りたいと思います』と意気込みを語り、会場は熱気に包まれた。

 

(PR)スタジアム周辺の空き駐車場の掲載多数 3分でカンタン予約

(PR)ヤンマースタジアム長居周辺。予約駐車場

関連記事

「Jリーグ」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2015/07/31 15:41