中止となったMIOびわこ滋賀と横浜FMの試合は後半28分16秒より再開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

09
09月
2015

日本サッカー協会は9日、豪雨によるピッチコンディション悪化のため、後半途中に試合中断後、試合中止となった天皇杯2回戦横浜F・マリノス vs MIOびわこ滋賀の試合の取り扱いについて発表した。

10月11日の13時から、中断した73分16秒(後半28分16秒)より試合を再開することになった。出場メンバーは6日の試合の中断時点と同じメンバーを原則とし、新たに補充はできない。ただし、怪我等により出場が困難な場合は、ベンチ入りした選手から再開試合の出場選手を選出することになる。

試合中止時点での残り交代人数が適用されるため、横浜FM、滋賀ともに交代枠は残り1名となる。また横浜FMのDF小林祐三とMF喜田拓也、滋賀のGK永冨裕尚が警告を受けているが、この記録もそのまま適用される。

 

(PR)スタジアム周辺の空き駐車場の掲載多数 3分でカンタン予約

(PR)ヤンマースタジアム長居周辺。予約駐車場

関連記事

「Jリーグ」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2015/09/09 18:06