「原川を左SBにしたのは、後ろに逃げないようにするため」=京都・大木監督

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

04
02月
2012

カターレ富山対京都サンガFCの練習試合終了後の、京都の大木監督コメント

2012シーズン初の対外試合でした。いかがだったでしょうか?

大木監督(以下、大):よかったですよ、初試合にしては。

どんな点がよかったんでしょうか?

大:攻守の切り替えが、ほとんどの選手が出来てたところですね。

計5-1という結果はどうお考えですか?

大:富山さんは、コンディションが悪かったでしょう。フルコートで練習できてないし、バスで来てすぐ試合やったわけですし。だから、この結果が全てだとは思いません。そのなかでも、富山の動きはよかったと思いますよ。

逆に京都の動きはどう感じましたか?

:よかったと思います。オフェンスの動きは特に。中盤の選手もどんどん攻撃参加もしてましたし。

新加入の選手は監督にはどう映りました?

大:練習でやってることを理解して、表現しようという気持ちが見えました。いい傾向だと思います。

原川力選手を左サイドバックで出場させた意図はどういったところでしょうか?

大:彼は、困ったら後ろにパスを出す癖があるので。一番後ろだったらそれが出来ないじゃないですか(笑)。彼のキープ力と前への推進力を活かすためです。その中でよくやってくれてました。

倉貫選手がゲームをコントロールしていたように思いましたが?

大:彼が縦パスをどんどん入れてました。彼は戦術を理解してますし、新選手は彼のメッセージを理解して、やってました。意識高かったと思います。

1本目と2本目のメンバー選考はどのような基準で?

大:意味はありません。シャッフルです。

それでは、レギュラー選考はまだなんでしょうか?

大:決まってません。キャンプを通して、決めていきたいです。

「京都サンガF.C.」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2012/02/04 21:54