横浜FCの練習に参加するベトナムのピルロの生い立ち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

30
11月
2015

ベトナムフットボールダイジェストより
ベトナムフットボールダイジェスト

「ベトナムのピルロ」の異名をとるMFグエン・トゥアン・アイン(20歳)が12月1日から1週間、J2横浜FCの練習に参加することになった。ベトナム国内では、「HAGL黄金世代」の中心選手として、既に抜群の知名度を誇るが、今回は同選手の生い立ちなどについて、日本の読者向けに紹介しよう。

紅河デルタ地方タイビン省出身のグエン・トゥアン・アインは9歳の時、省スポーツトレーニングセンターのセレクションに合格した。父親のグエン・バン・ズン氏は、「息子は、幼い頃からサッカーの才能を発揮したが、スポーツ選手という仕事は大変だし、地元では、あまりスポーツが盛り上がっていなかったので、家族は息子がサッカーの道に進むことを望んでいなかった。」と語った。

 

【続きはこちら】地元の名家で育ったグエン・トゥアン・アイン

 ベトナムフットボールダイジェスト

関連記事

「Jリーグ」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2015/11/30 15:57