第1回アンガーマネジメント大賞に横浜FCの三浦知良が選出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10
12月
2015

怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」の普及を行う、一般社団法人日本アンガーマネジメント協会は、全国の20歳~59歳までの男女約400名を対象にアンケート調査を行った。2015年を振り返り、①上手に怒りの感情をコントロール・対応した有名人②怒りの感情をコントロールできずに失敗してしまったと思う有名人③今年一番怒りを感じたニュース・出来事について調査結果をまとめた。

このアンケート調査で上位に挙げられた回答の中から、11月28日に東京・アキバホールで行われた日本アンガーマネジメント協会年次総会で、当日出席した当会公認の、アンガーマネジメントファシリテーター(アンガーマネジメントの公認講師)200人が各設問に投票し、それぞれ第1位を選出した。

調査の結果、2015年に最も上手に怒りの感情をコントロール・対応した有名人「アンガーマネジメント大賞2015」に選ばれたのは、現役最年長のプロサッカー選手である横浜FCのFW三浦知良。

今年4月、野球評論家の張本勲氏がテレビ番組で、48歳の同氏に引退を促すようなコメントをした際に、穏やかに対応をしたことが評価の対象となった。

三浦氏に投票をした一般の方は、このやりとりを見て「張本氏にも恥をかかせなかった」(20代/男性)「反論するのではなくポジティブな対応をした」(50代/女性)といった意見が挙がり、自身が感情をコントロールして対応をすることで、怒りの感情をむやみに連鎖させなかった点が高く評価された。

反対に、怒りの感情をコントロールできずに、失敗してしまったと思う有名人には元大韓航空副社長、通称「ナッツ姫」のチョ・ヒョナ氏が第1位に選ばれた。大韓航空機内で客室乗務員のナッツの提供方法に怒り、旅客機を搭乗ゲートに引き返させた事件は、2014年12月だが、今年1月に初公判、2月に実刑判決を受けるなど2015年になってもニュースが大きく報道されたこともあり、印象深かかったようだ。

 

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会公式サイト

 

(PR)スタジアム周辺の空き駐車場の掲載多数 3分でカンタン予約

(PR)ヤンマースタジアム長居周辺。予約駐車場

関連記事

「Jリーグ」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2015/12/10 10:27