破談の可能性もあった田中明日菜のドイツ移籍

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

13
06月
2013


(写真:ファン1人1人に、移籍のあいさつをする田中明)

ドイツ1部・フランクフルトに移籍するINAC神戸の田中明日菜は13日、通常通りチーム練習に参加した。練習後、突然の移籍発表に驚いて集まった多くのファン1人1人にサインをし、激励を受けた。

海外移籍を希望していた田中明は、今シーズンのオフに2週間フランクフルトの練習に参加。フィリップ監督の目に留まり、オファーを受けた。しかしながら、フィリップ監督は4月に成績不振により解任。そのことによって今回のオファーが破談になる可能性もあったが、交渉を重ね、つい先日移籍の話がまとまったという。

田中明は「自分で決めたことなので、不安は全くない。代表で世界の相手に戦うために、特にメンタル面を鍛えていきたい」と抱負を語った。ルームシェアをしているチームメイトの川澄は、「ああいう(明るい)性格なので全く心配していない」と、公私ともにパートナーを“川澄家”から送りだす。 田中明は今月末でチームを退団するが、渡欧する八月の中旬までINACの練習に参加する予定。

関連記事

「なでしこ」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2013/06/13 18:00