日本代表MF澤穂希には何歳まで現役を続けて欲しい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

16
05月
2014

ニュージーランド戦でキンチョウスタジアムに設置された記念撮影所

現在ベトナムで開催中のAFC女子アジアカップ2014。日本代表MF澤穂希(INAC神戸)は、1993年にマレーシアで行われた同大会から出場し続け、今大会で10度目のアジア杯挑戦となる。

15歳で代表デビューを飾った澤も今年の9月で36歳となる。7日にキンチョウスタジアムで行わた、ニュージーランド戦に訪れたサポーター100人に澤穂希に何歳まで現役でいて欲しいかを聞いた。

【第3位】15票 現在のカズ選手と同じ47歳
20代女性 「女子サッカー界のカズ選手みたいになってほしい。でも子どもがほしいと思った時に引退しても良いと思う」
30代男性 「僕たちで限界を決めるのではなく、澤選手がいけるところまで頑張って欲しい」

 

【第2位】35票 2016年リオ五輪38歳
20代男性 「40歳は厳しいかもしれないけど、次のオリンピックまでは頑張って欲しい」
30代女性 「次のオリンピックでメダルを取って、勇退してほしい」

 

【第1位】37票 東京五輪 41歳
40代男性「東京でのオリンピックが決まって、澤選手もそこまでやりたいと思ってるんじゃないかな。期待も込めてここまでやってほしい」
10代女性「東京まで頑張ってください」 

 

今回のアンケートでは41歳、38歳までは現役でいて欲しいと望むサポーターが多かった。どこまで現役を続けるかは、澤本人しかわからないが、ぜひ体が動く限りは現役を続けて欲しい。また主婦の方などに話を聞くと、「澤選手の子どもが見たい」と答えた方々の姿もあった。また「ここまで日本の女子サッカーに対し、本当に貢献したと思う。次は私たちが頑張りますと言ってくれる後輩がそろそろ出てこないと、澤選手も引退しづらいのでは」と回答したサポーターもいた。

 

関連記事

「なでしこ」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2014/05/16 17:30