川澄奈穂美カナダW杯に向けて「本当に濃密な4年間を過ごすことができた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

04
05月
2015

W杯メンバーに選出された川澄奈穂美選手
写真:W杯メンバーに選出された川澄奈穂美選手)

女子W杯カナダ大会に出場する日本女子代表選手23人を発表され、INAC神戸からは最多となる7選手が選出された。2大会連続のW杯出場となるMF川澄奈穂美は会見で、「日本の代表として、責任を持って、INAC神戸の選手として、自信を持って挑みたい」と話した。

‐大会に向けての今の気持ち
今回メンバーに選出されて素直に嬉しいという気持ちと、ここからしっかり頑張りたいという気持ちを新たにしているところです。 日本の代表として、責任を持って、INAC神戸の選手として、自信を持って大会に挑めるように頑張りたいと思います。

‐この4年間、振り返って
この4年間はあっというまだったなという気持ちもあります。ただ、振り返ってみると、オリンピックがあったり、INAC神戸での連覇があったり、自分自身アメリカに挑戦するなど、本当に濃密な4年間を過ごすことができました。その経験を生かして大会に挑めたらなと思います。

‐世界の舞台でどのようなプレーを見せたいか?
私はMFで主にサイドでプレーする機会が多いと思います。ハードワークや、相手が疲れている時間帯にさらに走るという部分が自分の良いところだと思っているので、そこは当たり前にやっていくように頑張りたいと思います。

‐今月末に予定されている2試合の壮行試合に向けて 
親善試合ではありますが、日本代表として負けていい試合など一試合もないと思います。W杯に直結する親善試合になると思いますので、そのへんも意識して 戦いたいと思います。

‐カナダで試合を行うことについて
今大会は人工芝で開催されるFIFAの大会ということで、 新たな試みになると思います。その中で昨年の10月にカナダ遠征に行けたのは良いシュミレーションになりました。日本の人工芝とは少し感覚が違う部分はありましたが、トレーニングすればすぐに慣れました。日本の丁寧につなぐパスサッカーには有利だと思いました。

‐サポーターに向けて
INACのサポーター、女子サッカーのサポーターは本当に暖かい。練習場や試合会場に足を運んでもらい、色々と支えてもらっている部分も多いです。勝って喜んでいる姿を見たいと思ってくださっている方が多いと思うので、そういった姿を見せれるように結果を出したいです。

‐連覇に向けて
もちろん連覇のかかった戦いにはなりますが、4年経てば他の国の代表選手も顔ぶれが変わっていると思います。前回と同じ大会をするわけではないので、連覇というのは良い意味で忘れて、W杯を取りにいくという強い気持ちを持って、チーム一丸となって貪欲に勝ちに行きたいという思いです。

 

(PR)埼玉スタジアム周辺!予約できる駐車場

(PR)ヤンマースタジアム長居周辺。予約駐車場

関連記事

「なでしこ」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2015/05/04 15:58