高瀬愛実、五輪について「悔いはない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

16
08月
2012

takase_01
(写真:テレビ取材を受ける高瀬)

ロンドンオリンピックで銀メダルを獲得したなでしこジャパンの3選手・田中明日菜、高瀬愛実、海堀あゆみが16日、所属チームINAC神戸の練習に合流した。

以下、高瀬愛実のコメント。

-INACでの久々の練習でした

久々にみんなに会えてよかったです。ただ日本に帰って来てからもバタバタしていたので、疲れが取れていませんね。時差ボケもまだあって、睡眠不足です

 

-チームメイトには、どのように迎えられた?

『おかえり』と。また、『肌白いね』って言われました。イギリスより日本のほうが日差しが強いのでみんな日焼けしてて(笑)

 

-出場した南アフリカ戦を振り返って

試合前に、『2位通過を狙うことになるかもしれない』という話があったので、正直難しい試合になりました。下手なことはできなかったのでー対ーの仕掛けなど、戸惑う場面もありましたね。ただ、移動距離のことなどコンディションを考えた上での佐々木監督の判断だったので尊重できました

 

-今回出場が限られていたが、ベンチにいた時の気持ちは?

どんな選手でも『機会があるなら出たい』と思うと思います。今回も出たい気持ちはありましたが、それ以上に出場している選手を応援する気持ちのほうが大きかったです。悔いはないですね。もちろん、いつでもピッチに立っても大丈夫なモチベーションではいましたけど。W杯の時は『少しでも出たい』という強い気持ちがありましたが、とにかくプレーしているメンバーに頑張ってほしいと思って見ていました

 

「なでしこJAPAN」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2012/08/16 20:01