日本サッカー協会とインドサッカー連盟がパートナーシップ締結

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

25
02月
2015

日本サッカー協会公式サイトより
日本サッカー協会公式サイト

日本サッカー協会は25日、インドサッカー連盟とパートナーシップ協定を24日に締結したことを発表した。今後さらに両者の関係を強固にし、両国のサッカーの発展のため、積極的に相互協力を図っていく。

日本サッカー協会はこれまでに、フランスサッカー連盟やスペインサッカー連盟の他、シンガポール協会、ドイツサッカー連盟、タジキスタンサッカー連盟、アラブ首長国連邦サッカー協会 ヨルダンサッカー協会、ベトナムサッカー連盟、イランサッカー連盟(締結順)の9つの連盟・協会とパートナーシップ協定を締結している。

協定内容
・女子サッカーの活性化
・有能で資格を有する日本人コーチの常勤のインド女子代表監督としての派遣
・コーチの交流プログラムやコーチインストラクターコースを通じた指導者養成に関する情報交換
・アカデミーの運営に関する情報交換及び、コーチ交流、親善試合、大会招聘等の交流
・グラスルーツ施策の構成の検証とグラスルーツ交流プログラムの情報交換
・プロリーグの運営と、マーケティングとファン層育成を含むプロクラブ発展に関する情報交換 

 

(PR)埼玉スタジアム周辺!予約できる駐車場

(PR)ヤンマースタジアム長居周辺。予約駐車場

関連記事

「日本代表」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2015/02/25 11:01