中田英寿氏×モノづくりニッポンプロジェクト第3弾「日本酒セラー開発プロジェクト」始動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

13
01月
2016

サニーサイドアップ提供

日研トータルソーシング株式会社は、元サッカー日本代表の中田英寿と立ち上げた「モノづくりニッポン e仕事×ReVALUE NIPPON」プロジェクト第3弾、『日本酒セラー開発プロジェクト』を13日より始動させた。

プロジェクト第3弾となる今回は、日本全国250か所以上の酒蔵を訪問した中田英寿氏の発案による「日本酒セラー開発プロジェクト」に決定。プロジェクトに参加する「ソーシャルインターン」も一般から募集します。日本酒文化を世界に広めるために必須の、最適な状態で日本酒の徹底管理ができる「日本酒セラー」を「モノづくりニッポン e 仕事×RVALUE NIPPON」プロジェクトとして開発し、その新製品が生み出される瞬間をソーシャルインターンとともに世の中に伝えることで、モノづくり業界で働くことを希望する若者が増えることを期待している。

また、本プロジェクトの発足に合わせて、日本酒に温度管理がいかに必要かを広めるために、1月13日(水)~15日(金)の3日間、草月会館(港区赤坂7-2-21)にて、異なる温度で管理された日本酒をテイスティングして味の変化を楽しめる「日本酒ラボ」を期間限定でオープンする。

■「モノづくりニッポン e仕事×ReVALUE NIPPON」とは

人材サービスを展開する日研トータルソーシングが運営する製造業求人サイト「e 仕事」が、これからの時代を担う若い方々に向けて、日本のモノづくりの魅力やカッコよさ、面白さ、新しい価値を伝えていきたい、という強い想いから、中田英寿氏が立ち上げた日本文化再発見プロジェクト「ReVALUE NIPPON」と手を組み起動したプロジェクト。2014年の発足以来、モノづくりによって日本の若者の働き方を豊かにしていくために様々な活動に取り組んでる。
2014年には、プロジェクト第1弾として、ブラジルに期間限定でオープンした「nakata.net café2014@サンパウロ」で働くモノづくりPR スタッフを募集・派遣し、国内外に日本のモノづくりの魅力を発信する取り組みを実施しました。また、2015年のプロジェクト第2弾には、漆芸家で人間国宝の室瀬和美氏と、現代の日本の“塗り”を支える業界No.1 のリーディングカンパニー、関西ペイント株式会社が参画。ジャパンクオリティを次世代に繋いでいく一流の「塗師」を募集・育成し、国際博覧会が開かれるミラノでその魅力を伝えました。


詳しくはコチラから→日本酒セラー開発プロジェクト

 

(PR)ヤンマースタジアム長居周辺。予約駐車場

関連記事

「なう編集部」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2016/01/13 20:22