中田英寿氏と片山晋呉氏が7月にゴルフでマッチプレー対決を開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

17
05月
2016

株式会社サニーサイドアップ提供
(写真:左から片山晋呉氏と中田英寿氏) 

株式会社デサントは、ゴルフカテゴリーとして展開するプレミアムアスリートゴルフウェア「デサントゴルフ」アンバサダーの中田英寿氏と、現役プロゴルファーである片山晋呉氏による「中田英寿×片山晋呉 ゴルフマッチプレー対決」を、2016年7月に開催することを発表した。「ゴルフマッチプレー対決」は、「ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯」とのコラボレーションで、トーナメントコースである恵庭カントリー倶楽部(北海道)で実施される

開催に先駆け、中田英寿氏と片山晋呉氏、中田氏のゴルフコーチを務め、片山晋呉氏を初めとする数多くのプロゴルファーを指導してきた谷将貴氏を招いた「ゴルフマッチプレー対決」発表会が、16日にDESCENTE SHOP TOKYO(東京都渋谷区)にて行なわれた。

2014年11月から1年半、本格的なゴルフトレーニングを行ってきた中田氏はゴルフに真剣に臨む中で「当初、自分にとって振りやすいスイングときれいなスイング、どちらで練習を進めるかということについて、谷コーチと相談をしていく中で、やはりハイレベルなゴルファーは、スイングがきれいであるという共通点に気付き、後者を磨こうと思いました。最初は慣れないこともあり違和感がありましたが、トレーニングを積む中で、徐々に思い通りのショットが打てるようになりました」と自身の技術が上達したエピソードを語った。

また「ゴルフクラブの中では、特にアイアンが重宝しています。現役プロサッカー選手だった頃、最も重要視していたキックは、正確なボールを蹴られるインサイドキックでした。ゴルフでも、アイアンで正確なショットを積み重ねる事を意識しています」とサッカーとの共通点も語っている。同氏を1年半に渡って指導してきた谷コーチは「中田さんは身体能力が非常に高いです。この素質を生かすために、ベースになる技術の向上を特に考えたメニューを組みました。結果、トレーニング当初と比較すると、見違えるように上達しました」と評価した。

現役プロゴルファーの片山晋呉氏に挑む事が発表された後、片山氏本人が登場。中田氏はこの真剣勝負に向け、谷コーチと共にハワイで合宿を行った事を述べ「プロとしてスポーツをやっていたからこそ、単に楽しむためだけにスポーツをすることはないです。ゴルフにおいても、プロと対決をしても何かできるかもしれない、というところを目指し、片山プロにも一泡吹かせたいと思っています」と意気込みを伝えた。これを聞いた片山氏は「中田さんとこのような対決が実現するとは思っていませんでした。新たな世界への扉を開いてきた中田さんに、大会意義に賛同いただき、感謝しています。マッチプレー形式という、全てのプレーが勝敗に直結するような、真剣勝負で対戦が実現して嬉しいです」と返した。

今回の挑戦について中田氏は「“ネスレマッチプレーレクサス杯”のように、日本一の賞金が用意された大会は、上のレベルを目指す選手には必要なものです。こういった大会に、片山選手と一緒に参加させていただくことで、グローバルな視点で競技レベルの向上を狙える選手を育てるということに、少しでも貢献できればと思っています。」と“世界で活躍するゴルファーを支援する”という本大会の意義に賛同し、実施に至った経緯を説明した。

 

(PR)ヤンマースタジアム長居周辺。予約駐車場

関連記事

「なう編集部」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2016/05/17 17:50