総理大臣杯ベスト8出揃う 13日に準々決勝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12
08月
2014

第38回総理大臣杯

第38回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメントの2回戦が11日、長居スタジアムなど3会場で行われた。昨年の王者・流通経済大学や専修大学、関西学院大学などがベスト8に駒を進めている。

J-Green堺で行われた、関西大学vs国士舘大学の一戦は、PK戦まで試合が進むなど熱い戦いが行われた。国士舘大は前半17分にGK小澤章人が退場し、さらに後半2選手が負傷交代するなど苦しい戦いとなった。それでも1点ビハインドで迎えた試合終了間際に、MF進藤誠司が同点ゴールを奪い、ねばりを見せた。その後、延長戦で両チーム共に得点を奪うことができずに、試合はPK戦へと進む。PK戦の結果、6-5で関西大が準々決勝に進出した。

試合後、関西大の島岡健太監督は「苦しい試合展開だった。相手の意地が見えた試合で、自分たちもあれぐらい覚悟を決めて試合に挑まないとダメだと感じさせられる内容でした。まずは初戦勝利を目標にしていたので良かったと思います。次の試合に向けてしっかりと準備したいと思います」と語った。

また2試合目に行われた、新潟経営大学と愛知学院大学の一戦では、5-2と愛知学院大の攻撃陣が爆発的な力を見せて、新潟経営大を退けた。愛知学院大の境田雅章監督は「今大会は良いプレーをしたチームが上に進んでいってほしいと思います。選手たちにはのびのびプレーしてもらって見る人を魅了してほしいと思いますと語った。

準々決勝の予定は以下のとおり。

関西大学vs愛知学院大学 15:30 ヤンマースタジアム長居
専修大学vs法政大学 18:00 ヤンマースタジアム長居 
阪南大学vs流通経済大学 15:30 J-Green堺(メインフィールド)
青山学院大学vs関西学院大学 18:00J-Green堺(メインフィールド)

 

 

 

関連記事

「大学」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2014/08/12 18:02