インカレ決勝は関学大vs流経大に決定 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

18
12月
2014

第63回全日本大学サッカー選手権大会準決勝の2試合が18日、味の素フィールド西が丘で行われた。

関西勢同士の戦いとなった第1試合関西学院大学vs阪南大学の一戦は、試合開始早々に試合が動く。MF松下佳貴のミドルシュートが決まり、阪南大が幸先良く先制する。その後両チーム得点を奪えずに前半を終了。

迎えた後半27分、関学大のエース、FW 呉屋大翔がクロスに頭で合わせて同点に追いつく。これで勢いに乗った関学大は後半42分に、呉屋のスルーパスに抜けだした、MF池田優真 がゴールに流し込み逆転に成功する。

試合は2-1で終了し、関学大が決勝戦に駒を進めた。

また第2試合、びわこ成蹊スポーツ大学vs流通経済大学の一戦は、前半20分にMF渡邉新太のゴールで流経大が先制。後半18分には渡邉がこの日2点目を奪う。さらに後半34分、38分と立て続けにFW江坂任が追加点を決め、4-0で流経大がびわこ大を破り、決勝進出を決めた。

決勝戦は21日に、味の素フィールド西が丘で行われる。

 

(PR)埼玉スタジアム周辺!予約できる駐車場

(PR)ヤンマースタジアム長居周辺。予約駐車場

関連記事

「大学」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2014/12/18 15:23