格安航空券比較~「航空券ドットネット」ロリポップのドメインは選べる全105種類!!旅行のクチコミサイト フォートラベル

“もうひとつのW杯”が開催間近。日本代表チャリテイマッチ開催のお知らせ。

14
07月
2014

FIFAワールドカップブラジル大会に続き“もうひとつのワールドカップ”と呼ばれる「INASー世界知的障がい者サッカー選手権大会」がブラジルで、8月11日に開幕する。1994年にオランダで初開催された同大会は今回で6度目を数え、日本代表の参加は4大会連続となる。2010年の南アフリカ大会では日本代表は出場11カ国中、10位の結果に終わっており、出場国枠が16カ国に増加した今大会では前回以上の成績を目指している。 Read more →

「ウルグアイサッカーに精通する男」松原良香

11
07月
2014

(写真:エスタディオ・センテナリオ ロッカールームにてJリーグ開幕を翌年に控え、日本に空前のサッカーバブルの波が押し寄せつつあった1993年。松原良香は人知れず南米サッカーの古豪国である、ウルグアイの名門CAペニャロールにいた。 Read more →

「逆輸入フットボーラーの先駆者」澤昌克

26
06月
2014

南米で奮闘する日本人選手達に「今後どういったキャリアを築きたいか?」という質問をぶつけると、高確率で返ってきたのが「澤選手のようになれれば・・・」という答えだった。澤昌克のような選手を目指す。それはつまり、留学生から這い上がり、南米でプロ選手としての実績を積み”逆輸入”フットボーラーとしてJリーグでプレーをすることを意味する。 Read more →

「ブラジルサッカーを体現する男」今野英一

23
06月
2014

(写真:サンパウロFCU15監督と今野氏)今野英一はまだJリーグがなかった1990年にブラジルに渡り、10を超えるチーム以上プレーした後、引退後は神奈川県でブラジル式育成クラブ「COJB」の代表を務めている。自身の経験を還元したCOJBでは、クラブの代表として15人以上の日本人選手をブラジルの地にプロ選手として送り出すことに成功し、ブラジルサッカー界との繋がりも深い。COJBのOBの中には、Jリーグの下部組織で育つがトップ昇格が叶わなかった選手も多く、今野の指導を受けて「いままでの指導にないもの」と称賛し、今野のもとでプロとしてデビューを果たす選手も存在する。 Read more →

【特集】「日本サッカーの発展に貢献したブラジル人」ジョージ・トレド

16
06月
2014

写真:トレドサッカークラブ集合写真)ジョージ・トレドは、ラモス瑠偉、ジョージ与那城らと共に読売サッカークラブ(現東京ヴェルディ1969)の黄金期を支え、日本サッカーの発展に貢献をしたブラジル人だ。 Read more →

【特集】「南米で10年以上闘ってきた男」 村木 伸二

02
06月
2014

写真:FC大阪提供)FC大阪で選手兼フィジカルコーチとして勤めながら、サッカー選手として今年で21年目を迎えた村木伸二。21年という途方も無く長い選手人生の中には、ブラジルで過ごした1年間、アルゼンチンで過ごした10年間も含まれている。 Read more →

【特集】「ペルーの文化を日本の子供達に」セルソ・カセレス

08
05月
2014

写真:セルソ・カセレスと子どもたち)大阪市民の憩いの場である扇町公園では、午後3時頃になると「ウノ・ドス・ウノ・ドス」と無邪気にはしゃぐ子供達の声が聞こえてくる。スペイン語で「美しいプレイ」を意味するフエゴボニートは、2歳~12歳までを対象にしたこどもサッカースクール。スクールを主催するのは、ペルーのクスコ出身の元プロ選手であり紫光サッカークラブ(前京都パープルサンガ)などでプレーしたセルソ・カセレス。カセレスは、19歳で日本に渡ってからボランティアでサッカーの指導者、プロの音楽家、ペルー料理店の経営と3つの側面から、37年間ペルーの文化を日本に根付かせるために活動を続けてきた。「南米の文化が日本で少しでも普及してくれれば」カセレスが伝えてきた、南米と日本の架け橋としての想いを聞いた。 Read more →

「10代の日本人が名門グレミオで目指すプロへの道」 福島将太

01
05月
2014

写真:グレミオで、プロ選手を目指す福島将太)ブラジルの名門グレミオで、プロ選手を目指し日々奮闘している10代のフットボーラがいる。現在18歳の福島将太がブラジルに渡ったのは、2年前。中学時代を埼玉県の神威FCで過ごすが、三浦知良に憧れて単身ブラジルへのサッカー留学を選択した。 Read more →

「南米文化の伝道師として」近藤 翔太

10
04月
2014

写真:選手時代の近藤 翔太さん)「自分の経験を活かして南米と日本の架け橋になりたいんです」話してくれたのは、立命館アジア太平洋大学に通いながらスペイン語の個人レッスン教室『NARANJA』の代表を務める近藤翔太。近藤は、ウルグアイで1年間プロ選手として過ごし、チリでのプレーも経験している。「日本の南米化ではなく、日本の文化を大切にしながら南米の良いエッセンスを取り入れること」近藤が考える、大分県別府市から発信する南米との架け橋としての活動とは。 Read more →