ユナイテッド、大阪城で新ユニ披露 モイ-ズ監督「シンジは良いお手本」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

25
07月
2013

ナイキは25日、香川真司が所属するマンチェスター・ユナイテッドの2013-04シーズンの新アウェーユニフォームを大阪城にて初披露した。

パトリス・エヴラ、リオ・ファーディナンド、トム・クレヴァリー、ジョニー・エヴァンス、香川の5選手が参加した発表会は、40分遅れでスタート。一行はハードスケジュールで疲れた様子だったが、エブラは「このような素晴らしい場所で新ユニフォームを披露でき、すごく感慨深い。このユニフォームを着て多くのタイトルを獲りたい」と、長い日本の歴史の中でも 「戦いの象徴」でもある大阪城にて、新シーズンに気を引き締めた。

サプライズゲストとして参加したデイヴィッドモイ-ズ監督は「エブラが言うように、香川はサッカーを愛する日本人の子供にとって、良いお手本だ。練習を続け、向上心を持って取り組んで、ぜひ将来ユナイテッドのようなクラブで活躍してほしい」と日本の子どもにエールを送った。

(取材・文:谷口 こういち)

(写真:西村政人)

 

関連記事

「イングランド」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2013/07/25 19:13