セリエA日本人選手の1年目成績一覧 中田英寿氏の成績がトップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

16
01月
2014

15日のコッパ・イタリア5回戦でミラン移籍後初ゴールを記録したMF本田圭佑。今までに、本田以外にも9人の日本人サッカー選手がセリエAに挑戦している。日本人初のセリエAデビューを果たしたのは、現横浜FC所属のFW三浦知良で、1年目に22試合に出場し1得点を記録している。

それ以上の成績を収めたのは元日本代表中田英寿氏であった。1年目に33試合に出場し、10得点を記録している。また中田氏はセリエAデビューとなったユヴェントス戦で、2得点を奪う衝撃デビューを果たしている。中田氏に次いで結果を残しているのは、現横浜F・マリノス所属のMF中村俊輔で36試合に出場し8得点を奪っている。

本田が所属するACミランはリーグ戦で5勝7敗7分けの11位と苦しんでいる。本田は1年目から成績を残し、ACミランの浮上のきっかけとなることができるのか。

 

日本人セリエA1年目成績は以下のとおり
セリエA 一年目日本人選手成績
※長友はシーズン途中にインテルへ移籍し、16試合に出場し2得点を記録している。

ACミラン公式Twitter

 

関連記事

「イタリア」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2014/01/16 18:32