U23ベトナム代表の三浦監督リオ五輪最終予選に向けて「サプライズを起こすことが出来る」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

14
01月
2016

ベトナムフットボールダイジェスト
ベトナムフットボールダイジェスト

U-23ベトナム代表の三浦俊也監督がベトナムメディアの取材に応じ、いよいよ開幕したリオデジャネイロ五輪アジア最終予選を兼ねたAFC U-23選手権2016(カタール:1月12日~1月30日)でのサプライズに自信をのぞかせた。以下は、インタビューでの三浦監督のコメント。

「皆さんご存知のように今回のU-23ベトナム代表は非常に若いチーム編成で、21歳以下の選手が約4分の3を占めています。経験も不足しており、精神的にも未熟で、特に体格などのフィジカル面で上回る相手と対戦する際はそれが顕著に表れます。しかし、ベトナムの選手たちは、更なる成長のために努力を惜しまない姿をこれまでの合宿で見せてくれました。若い彼らは初出場となるこの大会で、自分たちの力を示そうと意欲に燃えています。私もこの大会でベトナムがサプライズを起こすことが出来ると信じています」

「ベトナムの今大会の目標はベスト8進出です。かなり難しい目標だとは分かっていますが、グループリーグで勝ち点4を取ることが出来れば、50%の確率で準々決勝に進めます。対戦相手については十分に研究しています。初戦のヨルダン戦(1月14日)は非常に重要で、この結果がベトナムのグループリーグの成功の可否に大きく関わってくるでしょう」

「負傷者の中では、MFファム・ドゥック・フイだけが、まだ少し痛みをうったえています。DFファム・マイン・フンは怪我が癒えて、通常のチーム練習に戻っています。このまま行けば、初戦をベストメンバーで臨むことができると思います」

 

 ベトナムフットボールダイジェスト

U23ベトナム代表の三浦監督、リオ五輪最終予選でのサプライズに自信

関連記事

「海外サッカー」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2016/01/14 16:23