【インタビュー】“ベトナムのメッシ”ことグエン・コン・フオン「ずっと国外でプレーするのが夢でした」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

28
03月
2016

ベトナムフットボールダイジェスト
ベトナムフットボールダイジェスト

ベトナム1部ホアン・アイン・ザライ(HAGL)から今季、J2水戸ホーリーホックに期限付き移籍で加入したベトナム代表FWグエン・コン・フオン(21歳)にベトナムフットボールダイジェストが独占インタビューを行った。母国で「ベトナムのメッシ」の異名をとる期待の星は、インタビューの中で終始、謙虚な姿勢を崩さなかったが、その眼差しからは確かな自信が感じられた。

‐来日して約1ヶ月が過ぎましたが、こちらの生活や練習には慣れましたか?
グエン・コン・フオン(以下CP):かなり慣れました。

 

‐オフの日は、よく何をしていますか?
CP:部屋で音楽を聴いたり、水戸の街を散策したりしています。

 

‐水戸はどんな街ですか?
CP:思ったより人が少なくて、ちょっとプレイク市(HAGLの本拠地)を思い出します。

 

‐怪我の回復具合はどうですか?
CP:いまのところ順調に回復しています。

 

‐別メニューで調整を続けていますが、通常メニューへの復帰はいつ頃を目途にしていますか?
CP:あと半月ぐらい。(※インタビューは3月14日)3月末には通常のチーム練習に合流できると思います。

 

-U-19やU-23で日本代表と対戦した経験がありますが、自分のこの武器は通用するなと思うものは何ですか?逆に足りないと思うものは?
CP:U-19やU-23とはまたレベルが異なるので、まだはっきりとは言えないです。まだこちらの環境に完全に馴染んでいるわけではないので、まずはそこからだと思います。

 

-今オフにHAGLから君の他にグエン・トゥアン・アイン選手とルオン・スアン・チュオン選手が国外移籍を果たしましたが、いつから国外移籍を考えていましたか?
CP:HAGLアーセナルJMGアカデミーに入団してからずっと国外でプレーするのが夢でした。アフリカのマリに遠征したことがあるのですが、それ以降はその気持ちがより強くなりました。

 

-日本を選んだ理由は?
CP:まずは国外に出てみたかったということ。日本のサッカーはかなり発展しているし、サッカーを取り巻く環境も良いですから、自分にとって良いチャンスだと思い、日本移籍を決めました。

 

【続きはコチラ】「ベトナムのメッシ」ことグエン・コン・フオンに独占インタビュー!

 出典:ベトナムフットボールダイジェスト

関連記事

「海外サッカー」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2016/03/28 15:03