清武、W杯を意識したのは「生まれる前から」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

25
05月
2013

6月4日に開催されるブラジルW杯アジア最終予選・オーストラリア代表戦を控え、明日より代表合宿に臨む日本代表FW清武弘嗣のコメントは以下のとおり。

 -W杯最終予選・オーストラリア戦を控えた今の心境は?

「日本中の期待を感じています。ワクワクしていますし、W杯出場決定の瞬間にその場(ピッチ)に立っていたいと思います」

 

-ヨルダン戦の敗因を今考えると?

「周りがどのように思っているかわかりませんが、ゴール前での積極性やシュートの精度が少し欠けていただけで試合の内容は全然悪くなかったですし、そこは選手みんなも解っていることです。その点を意識してこの合宿をやっていけば今後は問題ないと思っています」

 

-現在のコンディションは?

「(オーストラリア戦を考慮し)ブンデスの最終戦は自分からチームに頼んで欠場しましたし、2週間しっかり休めたので、コンディションは良いです」

 

-今注目している選手は?

「(柿谷)曜一朗って言ってほしいんでしょ?(笑)。もちろん、曜一朗は点もバンバン取っていますし、自分の跡を継いで今年から背番号「8」を付けているので、セレッソで活躍してくれているのは嬉しいです」

 

-代表入りが期待されていましたが。

「選ばれてもおかしくない才能は持っていますので。今回、大分で一緒にやっていた東が選ばれたことはは嬉しいです。仲も良いですし、プレーもよく知っているので」

 

-自身が印象に残っているW杯の最終予選は?

「やっぱりフランスW杯ですね(ジョホールバルの歓喜)。ヒデさんがシュートして、キーパーが弾いたのを岡野さんが決めたのはすごく印象に残っています。そのころ自分が代表選手になるなんて全然思っていなかったですね」

 

-W杯を意識したのはいつ頃から?

「生まれる前からです。嘘です。ロンドン五輪が始まる前ぐらいですかね、強く意識し始めたのは」

 

-意気込みを一言

「日本でW杯進出を決めることができるのは、今回が初めてですし、引き分けではなく、サポーターのみなさんと一緒になって戦って、勝って決めたいです」

 

関連記事

「海外サッカー」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2013/05/25 19:16