タイで起きたサポーターによる審判暴行事件 当該クラブは3年間の活動停止処分など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

18
12月
2015

久保木優オフィシャルブログ
久保木優オフィシャルブログ) 

「国内リーグでは『審判の買収』が当たり前のように行なわれています」タイ・リージョナルリーグのチャムチュリユナイテッドで活躍中の日本人FW久保木優はブログで、タイの現状を訴えている。先日まで行なわれていた、ディヴィジョン2リーグからディヴィジョン1リーグへの昇格をかけたプレーオフ・グループの首位と3位の試合でもこの買収を巡って事件が起きた。

久保木のブログによると会場は首位チームのスタジアムで、好カード時には、スタジアム一杯に5000人弱のサポーターがはいるほど熱い。

試合は開始直後からアウエイチーム寄りのジャッジ、不可解なホーム側の選手ふたり退場、後半ロスタイムに決勝ゴールを決められるなどして、首位チームがホームで敗戦した。

明らかなら不可解ジャッジが続き、試合後にサポーターが暴動。ピッチに入り込み、審判達を追い掛け回し、殴る蹴るの暴行を加える。これによって、首位チームには3年間の活動停止と315000B (約100万円)の罰則処分。

このような事柄に対し久保木は「サポーターの質を含め、これは間違いなく大きな事件です。さらに言えば、3位のアウエイチームが審判を買収していることがそもそもの大問題であり、根本的な原因です。実際の真実ははっきりしていないが、この試合だけでなく、大事な試合ほどおかしいジャッジが明らかになり、見えない力が絶えないのがタイサッカーでもあります。どんなにタイサッカーが盛り上がっていても、なくならないのがこの見えない力の存在であり、この先のタイサッカー発展を本気で考えるなら、間違いなく変えていかなければいけない問題です」とブログで自身の気持ちを綴っている。

トップリーグが発展を続ける中、この様なことがなくならない現状にサポーターも嫌気をさしてしまっている。

https://www.facebook.com/open365thailand/videos/576965392450829/

 

久保木優オフィシャルブログ「大卒タイサッカー日記」

 

(PR)スタジアム周辺の空き駐車場の掲載多数 3分でカンタン予約

(PR)ヤンマースタジアム長居周辺。予約駐車場

関連記事

「海外サッカー」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2015/12/18 18:34