アルビレックス新潟シンガポールが開幕2連勝スタート!ストライカー河田が1試合4発と爆発!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

23
02月
2016

河田篤秀Youtubeより
引用:https://www.youtube.com/watch?v=aGQqF6P5960 

「試合前にアルビレックスはSリーグでベストのチームだと言ったが、試合後にはその考えが正しかったことを確認することになった」とヤングライオンズを率いるパトリック・ヘッセ監督は試合後に語った。

アルビレックス新潟シンガポールは20日、ジャランべサルスタジアムでヤングライオンズと対戦。開幕戦では昨年のリーグ王者相手に勝利を収め、3年ぶりのリーグ戦白星スタートを飾ったアルビS。この日の試合ではFW河田篤秀が圧巻のパフォーマンスを見せた。ゴール前でのポジショニングや相手DFラインの裏をつくタイミングなど、研ぎ澄まされてた得点力をみせつけ、ヤングライオンズ守備陣もなす術なし。河田は4ゴールを挙げチームを勝利に導いた。

【特集インタビュー】阪南大のエース河田篤秀「偉大な先輩の背中を追って成長」

しかし、アルビSも磐石ではなかった。開幕戦でDF藤原賢土と右WB山田幹也が負傷したことで、メンバーを変更せざるを得ず、「(開幕戦で好調だった)攻撃のメンバーを変えたくなかった」という鳴尾監督は、3バックをキープして左ストッパーに京都サンガF.C.よりレンタル加入中の、長身FW三根和起を起用することになった。

急造DFの三根は簡単に裏を取られてしまうシーンもありましたが、ヤングライオンズの攻撃に迫力がなかったこともあり、危険なシーンを招くことはほとんどなかった。しかし、次節の相手であるバレスティアの攻撃陣は、経験の浅い若手ばかりのヤングライオンズとは次元が違う。藤原の戦列復帰が間に合わなかった場合は、三根の入る3バックでは不安が残る。鳴尾監督は現在の課題について、百も承知のはずなので、次節バレスティア戦で度のよう対策を打ってくるか注目が集まる。

 

河田爆発4ゴール! アルビレックス開幕連勝スタート!!

シンガポールサッカーの探求

 

関連記事

「海外サッカー」カテゴリの最新記事

こんな話題も

  • date:2016/02/23 17:50