世界の過激派サポーターはギャンブルにもハマりやすいのか。

世界のサッカーサポーターはギャンブル好き

ギャンブラーという人種は、何を求めてギャンブルをするのか。筆者の場合は「仕事をせずにどうにか面白おかしく人生を過ごしたい」という非常に純粋な欲求に突き動かされてギャンブルをやっている。普通のギャンブラーは勝つことによって得られる対価より、むしろギャンブルそのものが好きという人も多い。対して、サポーターと呼ばれる人々の心理は筆者にはわからない。しかし、心理学の観点から見ると案外ギャンブラーとサポーターというのは心理が近いという。
おそらくサポーターの方はちょっと何を言っているのかわからないと思うであろう。ギャンブラーのイメージは恐らくやらない人から見ると、ただの破滅主義者にしか見えないだろうからだ。しかし心理的に近いという事は、サポーターはギャンブルにもハマりやすいのだろうか?

サポーターの心理

人間はコントロールできないものをコントロールしたい欲求が非常に強いことが、科学的な実験により証明されているという。サポーターは応援で試合をコントロールする事は出来ない。しかし応援するチームが勝った時は非常に強い幸福感を得る。さらに選手がヒーローインタビューなどで勝てたのはサポーターの応援のおかげです!と言われたらまた応援しに行きたい!と強く思うだろう。過激派サポーターは応援するチームが負けたりすると暴徒と化すこともあるほど取り乱す。

 

ギャンブラーの心理

ギャンブラーも、そもそもギャンブルによってその割合や努力すれば勝率を上げられるものも多数存在するが、基本的には「運」に任せてギャンブルに望むため勝敗をコントロールする事は出来ない。カジノではプレイヤーが勝ちすぎることから使用を禁じられている攻略法などもあるが、流行りのネットギャンブルでは誰かの監視下でプレイするわけではないので、そんな禁じられた攻略法も使える。ちなみに最新のネットギャンブルのおすすめランキングはこちらからどうぞ。少し話がそれたが、いくら人気のネットギャンブルで禁じ手の攻略法を使ったとしても全員が全員勝てるわけではない。そして負けるとその日の食にもあり付けなくなってしまうため取り乱す。共通点はたしかに多いように感じる。

ではサポーターはギャンブルにもハマり得る?

応援するチームが勝つという「成功体験」はサポーター全員に共通する事項だろう。ギャンブルも同じだ。ビギナーズラックや試行錯誤の果ての大勝利等で得た「成功体験」が人をギャンブルにハマらせる。その中毒性は非常に高く、さらには負けても「次はきっと勝てる」「ハラハラ出来るスリルがある」など心理的には非常に近いものが多い。努力すればその成功体験はさらに甘美なモノになる上、近年ではオンラインカジノなど外に出ずとも本格的なカジノゲームが遊べてしまうので、ネットカジノについて興味を持ったサポーターがギャンブルにハマれる確率は非常に高いと言えるだろう。