独1部ハノーファー、全日本大学選抜DFに正式オファーへ

日本代表DF酒井宏樹が所属するドイツ1部のハノーファーが、阪南大学DF二見宏志の獲得を打診したことが5日までに、分かった。 打診のきっかけになったのが、全日本大学選抜が今年3月に行ったドイツでのキャンプ。合宿中、ホッヘンハイムのサテライトチームと練習試合を行い、4-3で大学選抜が勝利した。その立役者となったのが、阪南大・左SBの二見だった。独特のリズムによるオーバーラップと左足から放たれる正確なクロスで幾度となく相手DFを翻弄し、ドイツスカウト陣を驚かせた。ハノーファーは特に、世界でも通用する日本人離れしたフィジカルを評価し、正式オファーを出す予定であるという。 日本人の大学生プレーヤーが、欧州の主要リーグに直接移籍することは異例中の異例。実現すれば、オランダ1部のヘラクレスに移籍した平山相太(FC東京)に続く例になる。 大学サッカー界屈指の大型SBには、Jリーグの数クラブも興味を示しており、今年の2月にJ1ベガルタ仙台の練習に参加している。 大阪市内で求人募集[PR] 大阪で高時給の飲食店でアルバイトするならコチラ[PR]