欧州4大リーグの得点ランキングトップ5 アルゼンチン人7人

[引用]   日本代表がアジアカップ準々決勝で敗退し、得点力不足が浮き彫りになっている。得点力のあるストライカーが日本にも必要だと考えていた際に、目についたのが欧州サッカーリーグの得点ランキングだった。欧州4大リーグの得点ランキングを見ると、FWメッシやFWアグエロといったアルゼンチン人ストライカーが目立つ。現在、4大リーグ得点ランキングTOP5にアルゼンチン人ストライカーが7選手も名を連ねている。   【欧州4大リーグ 得点ランキングTOP5に入るアルゼンチン選手】 ■イングランド・プレミアリーグ 2位 セルヒオ・アグエロ (マンチェスター・シティ) 18試合14得点 ■イタリア・セリエA 1位カルロス・テベス(ユヴェントス) 20試合13得点 3位ゴンサロ・イグアイン(ナポリ) 21試合12得点 4位マウロ・イカルディ(インテル) 21試合11得点 4位パウル・ディバラ(パレルモ) 20試合11得点 ■スペイン・リーガエスパニョーラ 2位リオネル・メッシ(FCバルセロナ) 21試合22得点 ■ドイツ・ブンデスリーガ 4位フランコ・ディ・サント(ヴェルダー・ブレーメン) 12試合8得点   なぜ日本ではストライカーが育たずに、アルゼンチンではこれだけの数のストライカーが育つのか。一度アルゼンチンの指導、育成法を参考にしてみてもいいかもしれない。 なお日本からはFW岡崎慎司が17試合で8得点を奪い、ブンデスリーガ得点ランキング4位につけている。   (PR)埼玉スタジアム周辺!予約できる駐車場 (PR)ヤンマースタジアム長居周辺。予約駐車場

英メディアが香川の交代を批判「モナリザの上にポケモンのステッカー」

(画像:画面キャプチャー) 英メディア『BET.UNIBET』は30日、オールド・トラフォードで28日に行われた、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドvsウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンの一戦で、ユナイテッドを率いるモイーズ監督が、ハーフタイムでMF香川真司を交代させたことについて、ばかげた行為だと批判した。 『BET.UNIBET』は、香川の交代について「ウェスト・ブロムウィッチとの試合で香川を前半で交代させたことは、 モナリザの上にポケモンのステッカーを貼るような愚かな行為。もし勝ちたいなら、ポテンシャルを持ったユナイテッドで最高のミッドフィルダーを潰してはいけない」と報じた。   BET.UNIBET 東京23区内で飲食バイト・未経験O.K.[PR] 東京23区内で医療・福祉の仕事[PR]

【動画】サッカー界の強肩?イラン代表GKアリレザ・ベイランヴァンド

[引用]https://www.youtube.com/watch?v=w1LVtSeKOIA イランリーグのテヘランに所属する22歳のGKアリレザ・ベイランヴァンドの強肩が話題になっている。 ペナルティーエリア内でボールを受けたベイランヴァンドは味方選手めがけてスローイング。このボールがハーフラインを越えて、相手ペナルティーエリア近くまで届く。結果的に得点にはつながらなかったが、相手選手の脅威になっていることには違いない。 (PR)埼玉スタジアム周辺!予約できる駐車場 (PR)ヤンマースタジアム長居周辺。予約駐車場