今週の情熱大陸に柿谷曜一朗が登場

(画像:画面キャプチャー) 今週日曜日の毎日放送(MBS)制作のドキュメンタリー番組『情熱大陸』に、日本代表FW柿谷曜一朗が登場する。 情熱大陸は、決定力不足に悩む日本代表に彗星のごとく現れたストライカーとして、柿谷に注目。ザックジャパンの新エースとも期待される男の夏に密着し、「エリート街道を踏み外した天才が、なぜふたたび光を取り戻せたのか?」と、練習態度の悪さから問題児としてセレッソを離れ、再び舞い戻り輝きを増した「今、日本一注目されるサッカー選手」に独自の目線で迫っている。 15日(日)の23時10分 からTBS系列にて全国放送される(一部地域除く)。   東京23区内で飲食バイト・未経験O.K.[PR] 東京23区内で医療・福祉の仕事[PR]

通算13度目の退場処分の森勇介 またも乱暴な行為で一発退場

[引用]https://www.youtube.com/watch?v=6kVw77L3L4U 明治安田生命J3リーグが14日、各地で開催された。SC相模原はアウェイでグルージャ盛岡と対戦し、3-2で勝利を収めたが、後半ロスタイムに2人の退場者を出す、後味の悪い試合になってしまった。 相模原が2点をリードし迎えた後半ロスタイム、自陣のペナルティエリアの近くで、倒れこんだ相手選手に向かって、DF森勇介が罵声を浴びせて一発退場処分。さらにこの流れのなかで、DF工藤祐生までもが2度の警告を受けて退場となった。その後チームは1点を失ったが、最後はなんとか逃げ切り勝利をおさめた。 ■13度目の退場処分となった森勇介 この試合での森勇介の退場に関して、サポーターからは非難の声があがっている。実は森自身、Jリーグの主催試合や天皇杯での退場処分は13回を数える。過去には警告・退場が多いという理由でチームから登録を外された経験もある。   (PR)埼玉スタジアム周辺!予約できる駐車場 (PR)ヤンマースタジアム長居周辺。予約駐車場

C大阪の播戸、タイリーグ移籍へ

セレッソ大阪FW播戸竜二のタイ・プレミアリーグのバンコク・グラスFC移籍が近日中にもクラブから正式に発表される見込みであることが、27日までに関係者の話でわかった。 播戸は、昨シーズンのリーグ戦で17試合出場2得点、カップ戦で4試合出場1得点とスーパーサブとして活躍していた。しかし、今シーズンのリーグ戦では出番がなく、出場した試合はナビスコカップ予選リーグの2試合のみ。総出場時間も10分と播戸にとって不本意なシーズンを送っている。 関係者によると播戸は、出場機会を求め2012年にC大阪とパートナーシップを締結したバンコク・グラスFCへ移籍することになったとのこと。 2006年に創設されたバンコク・グラスFCは、タイ・プレミアリーグリーグで現在8位。なお、バンコク・グラスには元ジュビロ磐田のDF本田慎之介が所属している。2012年のパートナーシップ締結後、C大阪のトップチームやユースチームとの交流も頻繁に行われている。     大阪市内で求人募集[PR] 大阪で高時給の飲食店でアルバイトするならコチラ[PR]

Jリーグ、将来的に100チームへ

(画像:Jリーグ公式Facebook より) Jリーグが将来的にチーム数を100に増やす意向であることが、リーグ関係者の話で分かった。 Jリーグは現在、J1の18チーム、J2の22チームの計40チームで構成されている。その40チームに加え、2014年に発足が内定しているJ3を、ゆくゆくは60チームまで増やすことが計画されている。J3は、60チームをエリア別に3ブロックに分け、20チームずつで戦うという。 Jリーグを100チームに増やすことは、日本サッカー協会(JFA)やJリーグにもメリットがある。サッカー界の「雇用拡大」だ。 Jリーグの監督就任に必要なJFA 公認S級コーチ(S級ライセンス)の保持者は現在、約350人。しかし、Jリーグには40チームしかないため、S級ライセンスを獲得してもJの監督になれる人数は限られてくる。受け皿が少ないため、「S級を取っても・・・」とS級の価値に対し、疑問が出ることもしばしば。 プロ選手を増やすことはもちろんのこと、S級ライセンス問題の解決策としても、チーム数を100まで拡大することが考えられているようだ。 「Jリーグ100チーム構想」においてJFAはリーグの活性化とともに、サッカー界の雇用促進も図る。   (文:たにぐちこういち)  東京で高時給アルバイトを探すならコチラから[PR] この冬イチオシのリゾートバイト[PR]